Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 すっかりあきらめていたら。

おはようございます♪


2日前の記事で、「美容院へ行ってきます」と書いたのですが
いつも担当してもらっている方が産休なので
どんな人がやってくれるのか・・・と、ドキドキしながら行ってきました。

でも、たまに違う人にやってもらうのもいいものですねー。
馴染みのスタイリストさんだと、
いつもおしゃべりのほうが弾みすぎて
ヘアスタイルの新しい提案とかあまりなく、
こちらも「いつもどおりで」って感じだったのですが・・・

今回は、「こうしてみたら?」とか
いろいろ提案してもらって、新鮮でした


いつものスタイリストさんの仕上がりにも満足していますが
今回は、今までよりもレイヤー多めに軽くなったので
軽くイメチェンでテンションあがってます


ところで・・・

美容院といえば、これまた以前の記事に書いたことですが・・・
(→こちら


実は息子が前回行ったときに、
割引してもらえるはずの割引が反映されてなかったと書きました。

金額は些細なものだけど、


引いてもらうべきお金が引かれてなかった・・・っていうのは
あんまり気分のいいことじゃありませんよんね。


昨日、自分が行ったときに、


「この間、息子がカットしてもらったとき
10%割引になってなかったんですけど・・・」



と、それとなーく言おうかな?とか
迷いながらパーマをかけてもらったりしていて・・・


でも、言うならその日とか翌日に電話するべきことだったろうしなあーとか
本当に些細なことなのに、自分の中でクヨクヨ葛藤が。

せっかく笑顔で楽しく会話をしながらメニューをこなしてもらっていたこともあり
その場の雰囲気を考えても、


やっぱり言えませんでした。


で、「無理だわー。そんなこといまさら言えないわ。ま、しょうがない」
と、自分の中でも割り切って、お店を出ました。




ところが車に乗ろうと思ったそのとき、



なんと、お店の中から店長さんが走ってきて


「先日、息子さんのカットをさせていただいたときに
割引を適用するのを忘れてしまいまして、
申し訳ございませんでした」

と言って、封筒に入れたおつりを手渡ししてくれたのですー。


わたしが会計するときに渡そうと思っていたようですが
他のお客さんを担当していたので、
慌てて追いかけてきた・・・というふうでした。


ちゃんと修正されたレシートも同封されていたので
息子がお店を出た後に、すぐに店長さんのほうも気づいてくれたのだと思います。

たいした金額ではないけれど、
そういう誠実な対応はうれしいですね



ちょっと気分ホッコリで帰ってきました~。


ヘアスタイルも気持ちよく仕上がって、うきうきですー



★ランキングに参加中です♪