Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 40代のおしゃれは難しいわー。

おはようございます♪


先日、ダイエットが順調で、
去年買ったまま、一度も履いたことのなかったスカートが
履けるようになった・・・と書きました。

そのスカート、実際にホックが留められるようになって
初めてわかったのですが、
(↑去年買ったときはファスナーすら途中までしか上がらなかった
スカートたけがちょこっとだけ短い。

短いといっても、膝小僧が見えるくらいなんですけど。

うーん、ちょっと短いかなぁ・・・・と思いつつ、
でも履けるようになったことのほうがうれしくて
仕事に着ていっているのですが


仕事帰りに寄ったスーパーのガラスに映った自分の姿を見たら

あれ?意外といい感じかも・・・・・と、ちょっとした発見でした。


さすがに40代も半ばになると、
ミニスカートは履く勇気はない。膝がまるまる出る丈のスカートは
「歳相応じゃないだろう」って、思い込みがあったけれど、
案外まだ大丈夫そうだ


いや、膝小僧が見え隠れするくらいのほうが
足がかすかに細く見えるかもしれないぞ。なーんて(笑)


でも以前、ふとすれ違った女性が
ふんわりギャザーの膝丈スカートを履いていて、

「かわいいスカートだな~」と思って目線を上に上げたら


どっからどう見ても50代半ばのおばちゃまで、ドン引きした。



顔とスタイルが思いっきり50代です・・・・のふんわりスカートは
あまりに無理があるな、と思った。
今流行りの美魔女のごとく、見た目が若ければ全然問題ないが
そんな人は、少なくともわたしの周りにはいない(笑)


30代はあまり着るものに迷うことはなかった。
どちらかというと、まだまだ若い気持ちのほうが強かったから
かわい~スタイルにも抵抗なかったです。

それはわたしだけではないと思うのだけど、
たぶん、30代までってある程度どんなファッションでも似合ってしまったと思う。


でも、最近ひしひしと感じるのは、


40代のおしゃれの難しさ。


見た目では、まだこの服はいけるんじゃないか?って気がするときもあるけれど
もう一人の冷静な自分が
「いやいや、わたしもう40代だよー。これはイタイわ。」と耳元でささやく感じ(笑)
 

かといって、あまりに落ち着いたオバサマ服は抵抗がある。

やっぱり女性だから
「おしゃれをしているステキな人だな、と思われたい」
って見栄みたいながあるからかな・・・



息子の学校の集まりなんかがあると、
だいたい同世代のお母さんたちが集まるので、
ついついファッションにも目がいくわたしですが・・・・

わたしはだいたい膝丈スカートを履いていくことが多いです。

家ではほぼ100%ジーンズなわたしですが、
やっぱり、スカートは背筋が伸びる感覚だし、おしゃれ感もあって好きです。
そしてきちんとしているようにも見えるし。
(↑ま、仕事に着用してるスカートなんだけど・笑)


この点では、スカートを着用する仕事・・・・というか
それなりに外見に気を使う仕事に就けてよかったかな、と思う。

何しろ、今の職場に就職したとき、

「わたし、ジーンズばっかりで仕事に着ていく服がない・・・どうしよう?!」
ものすごく慌てたくらいだから(笑)
あのころは、スカートの1枚すら、持ってなかったんです。

面接の帰りに、急いで買いに走ったのを覚えてますね~。
(↑即決採用だったから)

でも、この仕事をしていなければ、わたしはたぶん、
30代から今もずーっと変わらず
「いつでもどこでもジーパンな主婦」になっていたに違いない。


事務職なので、接客業をしているわけではないけれど、
毎日、仕事で人と関わると、自然とおしゃれにも気を使うし、
すごくいい刺激になっています。


30代までは、若さがフォローしてくれるので
みんな似たような感じで、差はないと思う。


でも

40代からは、それぞれの意識によって大きく差が出てくる気がする。


貯金もがんばりたい。

主婦もがんばりたい。



でも、40代になってもやっぱりおしゃれでいたい。


たくさんお金をかけられるわけじゃないけどね。

わたしの歳相応なすてき主婦スタイルって、どんなものなのか???
手探り状態なのだけど、


楽しむ気持ちは、ずーっと持ち続けていたいと思います。




さて、そんなこんなで、
明日は2ヶ月に一度の美容院行ってきまーす



★ランキングに参加中です♪