FC2ブログ

Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 事故を反省して自動車保険を見直し★

おはようございます♪


昨日の夕方、ようやく相手側保険会社から電話があり、
窓口で保留にしていた治療費も払ってもらえるとの話ももらい、
ホっとしました。
あとは、今日、警察から電話がかかってくることになっているので
そこで「診断書は出しません(人身にはしません)」と伝えて、
事故についてはほぼ終了ですね。

息子のほうも、痛みは日に日に薄れているそうで、なにより。

ところで、今回の息子の自転車事故を受けて、
実は自動車保険の補償内容が十分ではなかったことを反省しました。

今回の事故は軽微なものだったので、
どちらにしても我が家の保険の出番はなかったと思われるのですが
今後を想定して、すぐにでも変更しておこう・・・と思い、
昨日の朝イチで補償内容を変更しました。


ちなみに、どこを変更したのかというと、

人身傷害補償特約
のところです。


人身傷害補償特約は、
いまどきは、個人向けの自動車保険には標準装備になっているはずなので
大抵の人は付帯されていると思うのですが

うちの場合、ここの補償が

「契約車両に搭乗中に起きた事故のみ補償」

という条件にしてあったんですね。(保険料節約のため)


これを今回、

「歩行中・自転車走行中の自動車事故も補償」という
フルカバーの条件に変更しました。


これまで実際に事故が起きたことがなかったので
わたしの想像力が足らなかったのですが、

息子の自転車については、
学校で団体加入している傷害保険があるから、自動車保険のほうは不要だわ、
と、楽観していました。

けれど、今回の息子の事故を経験して
この点を反省。


今回はたまたま、100%の被害事故という形だったからよかったものの
たとえば信号無視など
息子のほうがあきらかな交通規則を違反して走行していたことによる事故であれば
自転車とはいえ、過失を求められることになります。

息子は違反なんてしない、なんて言いますが
誰だって、誰も見ていなければ、また急いでいるときなど
自転車だからいいだろう・・・と、ずるいことをしてしまうときだってありますよね。

それで事故を起こして大ケガを負ったとしても、
こっちは自転車だから・・・という理由で全額補償にはなりません。
 
そういう、自分の過失を含めた治療費の全額と慰謝料を補償してくれるのが
人身傷害補償なので・・・・
直接示談交渉をせずとも、
自分の保険会社から全額補償されるわけなので心強い補償です。

これまで、車を運転するときのことしか、この点を考慮していませんでしたが
毎日自転車に乗る息子のことを考えれば、
車だけでなく、歩行中&自転車走行中も補償の範囲にしておくべきでした。

もっとも、今回のケースではこの補償の出番はありませんでしたけどネ。
今後のために・・・と思って、昨日早速変更したわけです。


保険料の追徴は1,150円

安心を買うと思えば安いものです。





まあ、これを読んでいらっしゃる方は
ぜひ参考にしてください(笑)


家族が自転車で通勤・通学をされているよ、という方
通学はしてないけど、毎日自転車に乗るよ、という方、

自動車保険の人身傷害補償は、
歩行・自転車走行まで補償される形になってますか?
できれば、補償される形にしておくことをオススメしまーす。



そうそう・・・・
息子の事故のことを、昨日職場で営業くんに話したら

「NORAKOさんは優しいッスねー。
僕の周りには、たいしたケガでもないのに人身にして接骨院に通ってる人
いくらでもいますよ。もらえるものはもらわなきゃ損!って。」

と笑って言われました。

うーん。
そういう考え方の人もいるかもしれないけど・・・

わたしはウソつくのが嫌いなのでダメだなー(笑)
それに、そういう詐欺的なことをしていると、
いつか自分に跳ね返ってくる気がしますから。

お金の損得だけじゃなく、こちらがたいしたケガでもないのに人身扱いにしてしまうことで
相手の人が無用な処分を受けることになる。
むしろそっちが耐えられない。罪悪感で眠れなくなるわ、絶対。


正直が一番。