FC2ブログ

Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 この勉強なら続けられそう。

本日2度目の登場となりましたー。

前記事からの続きです★


息子がアルクのTOEIC講座を続けられなかったので
さあ、どうしようか・・・・ってところだったのですが

「これなら絶対続けられる」とおぼろげに確信のあった方法。



それは、










毎日2人一緒に英語の勉強をする。


ということ。








「英語やりなさいよ」とではなく、
「さあ、はじめるよ!」と声をかけて、自分もやるんです。


二人でダイニングテーブルに座り、

同じ時間に、同じ問題をそれぞれ一緒に解く。



既に、一週間前から始めてます。

息子も、英語をやらなきゃ・・・というのはよくわかっているものの、
疲れて帰宅するとどうしても自分に甘くなってしまうために 継続できなかった・・・
というだけで、やりたくないわけではないんですね。
例えば宿題のように、ある程度の強制力がないと続けられないのかもしれません。

「今日は忙しいから、疲れているからお休み、という例外は一切ナシにしよう。
一度でもそれをやってしまうと、だんだん自分に甘くなるから」

きっぱり言い切って、スタートしました。

疲れてる、は通用しません。母だって疲れてます。
忙しい、も通用しません。母だって忙しいです。

ここがポイントかもしれませんね(笑)
自分だけがやらされる感がない・・・・というところ。


とはいうものの、多くはやりません。とにかく毎晩最長でも30分だけです。
(レポートなど、息子が忙しいのは事実ですし)

ちなみにやっているのはこれだけ。

あれもこれもと手を出しても、問題集を見るだけで
めまいがしそうなので、公文にならって「ちょうどいい」ところから。 


toeic1103.jpg  
 
このドリル、すごく良書だと思います。
初心者用ですから、リスニングレベルは、正直わたしには簡単すぎかな・・・と思うけれど
息子はコレでもところどころ聞き取れない部分があるみたいなので、
レベルは合っているんだと思います。
問題集を選ぶときにこだわったのは「書き込み式」であること。
それは「続けやすさ」につながるから。

息子も「聞いてるだけより書くほうが頭に入る」というので、書きこめるものの中から選びました。

そして、単語力UPのためのキクタン。
これも二人で一緒に発音しながら聞いてます(笑)
語彙力アップですね。

毎晩両方やって、約30分。ちょうどいい量です。



↓このドリル、シリーズ化されていて、ほかにも文法編、ボキャブラリー編など
いろいろあるので、この1冊が終わったら次を買います!



ふたりでダイニングテーブルに座って、CDに耳を傾けながら
リスニング問題を解きつつ、

「くっそー・・・・今のなんだっけー」

「へっへー、お母さんわかるもんねー」

とか、ごちゃごちゃ言い合いながら、結構盛り上がってます


ついに夕べは、洗い物をしていたら、


「ほら、ゲームやりたいから、もう始めるよー」とか
息子から声かかりました。(ゲームやりたいからって・・・・


正直なところ、わたしの中では、2ヵ月後の息子のTOEICは、
まあ 通過点というか(強制受験だし)、さほど重要視はしていないんですね。

むしろ心配しているのは大学編入試験のほうなのです。


先日の個人面談でも言われたことですが、

理数科目や専門科目は、受験前になって頑張ればなんとかなるけれど
英語だけは今からやっておかないと、あとで苦労することになります・・・・・という話。


学校での英語の成績は・・・というと、
一応、10段階の9~10あたりを平均して取っているので、
成績としては、問題はない現状です。

ただ、これは高専レベルの英語をそつなくこなしている・・・というだけのこと。
進学校へ行っている同級生とは、かなりの差が出来ているに違いありません。
(高専の英語は、宿題なんて一切出ませんし、進学校とは演習量が天と地ほど違います)

このままでは、大学編入のとき、受験そのものもそうですが、
実際に編入した後に、周りとのレベル差に苦労することになるのは必至。 
 
英語の力をつけておかなかった編入学生は
英語の単位取得や、大学院試験に大変苦労する・・・ということもよく聞きます。

だから一番の目的として、「大学へ行ってから苦労しないため」に
これから本腰を入れて、進学校並みの英語スキルはつけておかなければ・・・
と思っているわけです。

わたしにとっても夜の30分は結構貴重な時間ですが
(キッチンの片付けやお弁当の仕込みをしたり・・・)

これも息子の進学のためさ、と思って一緒に勉強、がんばっております。

それに自分も英語の勉強をやり直したいと思っているのですからちょうどいい!
息子と一緒にやると決めた以上、自分もサボること出来ませんからね(笑)



この記事を読んで、
過保護ねー、高3の息子なんだから、ほうっておきなさいよー
勉強だって本人の自己責任よ、ってあきれる意見も当然あると思います。

わたしも、ここまでやってる親はいないよねー・・・って自分でわかってますが


 普通なら塾に任せるだろうところを、自分でやっているだけのこと。
そう思ってます。
それに、何より自分の勉強も進むのが楽しいしー


何にも恥ずかしいことはないです。




1週間やったら週末は、キクタンの単語テスト・・・ということに決めてあるので
これから息子のために、単語テストつくりまーす。(手書きだよん)