Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 他人の考え方に干渉しない生活。

おはようございます♪


そういえば、最近職場の営業くんの話、
ブログに書かなくなったんですね?










・・・・・という問い合わせは特にもらってません(爆)



ネタはゴロゴロあるんですが、
それをひとつひとつ、いちいち書きすぎるのも性格悪いなーって思うので
取り上げていなかっただけです。


仕事の面でも、彼のプライベートな話でも、


「は?」



って、思うことは日常茶飯事。多々あります。



一時期、本当にもうため息が出るほど、
家に帰ってからも、彼の顔がチラついて(笑)
そんな自分がイヤになった時期もあったのですが、


最近のわたしは、人としてちょっと成長できてきたようで、
彼が何を言おうが、何をしようが、


ま、どうでもいいし。


って、悟りを開きました(爆)


自分とは違う世界で生きている人、と思えば
人がどんな言動を取ろうが、どうってことないということに
この歳にして気づきました。


何か特別なきっかけがあったわけではなく、
自分の中で考え方を変えよう、とある程度努力した結果です。



ブログにはとても書けないような出来事が起こり、
人として、彼のことを軽蔑すらしましたが、
家に帰ってまでも、彼のことが頭に浮かんで
イライラしている自分を客観的に見たとき、
自分がどれだけ、くだらないことに神経をすり減らしているんだか、と
なんだか笑えてきちゃったんですねー。

人間、中途半端なことが怒ると腹が立つけれど
ここまでするか?ということが起こると、脱力しかないのでしょうね(笑)


わたしは何にそんなにイライラしているんだろう?
人の人生とか、その人の考え方や価値観はその人のもの。

わたしが他人に対して「こうあるべきなのに」っていうのは、
それこそ傲慢以外の何物でもないのでは?

人がそれでいいと思っていて、幸せを感じているのなら
わたしがとやかく思うことじゃない。
(↑思ってるだけで、相手に言うことはしない人間なので、ここは”思うことじゃない”が正解)


・・・・って、素直に思えるようになってきた感じです。

だから、それからは、彼がどんなに自分の価値観と間逆な言動をとっていても
「わたしとは別の世界にいる人」
そんなふうに単純に考えられるようになり、一切腹も立たなくなりました。


一番身近なたとえとして、彼のことを書いてますが、
わたしのブログをずっと読んでいらした方はだいたいご存知かと思いますが
お金に関して、相当な甘ちゃんです。


でも、だからといって、ああしてみれば?
こうしてみれば?と、親切心で、本気でいろいろアドバイスしてあげても
結局、そういう人は、ずーっと自分の価値観の中だけで生きてるから
ガラリと考え方や生活は変えないし、
いつも自分の中で言い訳があるから、
良かれと思って、注意やアドバイスをしても全く響くわけがないんですよね。



そのうち困るよ?ってわたしなら考える場面になると


ちゃーんと優しい両親から助け舟が出てくる。


そんなふうに、要所要所で助け舟がでてきて、
なんだかんだと自分ではお金の苦労をせず、
苦労のない人生を送っちゃう人も、いるというだけのこと。

いい大人なのに、どうなのか?ということは別にして、
そういうふうに、苦労もせずにやり過ごせる人はいるんだなーと
認める気持ちになってきたという感じです。

例えば子育ての考え方でも、こういうことってありますよね。
母親同士の関わりが多かった、小中学生くらいまでの間は
人の子育てとか、やり方とか、考え方を 心の中で批判したりすることもありました。

でもそれも、やっぱり自分には関係のないことだし、
その人が子供をどんな風に育てようとも、
その子が周囲から煙たがられる子になろうとも、勉強に苦労する子になろうとも、
その親子の問題。

「こうあるべきじゃないの?」っていうのは、
自分のものさしで計っただけの価値観。

わたしは、わたしのやり方で、
自分や家族が幸せならそれでいいじゃない。
人の考え方にまで立ち入らない。


そんなふうにハッキリ自分の中で言えるようになってから、
余計なストレスが明らかに減った気がします(笑) 


最近、買い物中に人間観察をしていて思うのは、


50代以上の中高年のおばさま方の顔。


黙っているのに、柔和な優しい顔をしていらっしゃる方もいれば
眉間にシワのよった、いかにも気難しそうな話かけたくないな、と
思ってしまいそうな方といる気がします。


もともとの顔のつくりも、もちろんあるでしょうが、
やっぱり、自分は優しい顔のおばあちゃんになりたいと思う。


他人や周囲に、むやみに腹を立てる生活は
自分のシワを増やすだけなので、
「どうでもいいわー」と笑って過ごすほうが絶対にいいだろうな。


自分と合わない人には、近づかないで、「別世界の人」と思う。


それだけで、毎日が随分変わる気がする今日この頃です。



※思っていることをツラツラと書いてしまったので
 まとまりのない文章になってしまっているかも・・・です。ごめんなさい~。







★ランキングに参加中です♪