Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 6月は赤字の予感・・・・?

おはようございます♪


待ちに待ったお給料日~~~


5月の締めを昨日のうちに終わらせましたが、
やりくり費はギリギリ2,708円残りました・・・・。

連休があったのに、ああ、奇跡的だわっ



・・・・・とちょっとホっとした気持ちで、
夕べ、6月の予算組みをしてみたNORAKOです。


繰上げ返済用積立・・・70,000円(まとまった金額になったら繰上げ返済)
生活防衛資金積立・・・30,000円(特に目的のない貯金)
教育費・特別費積立・・70,000円(授業料・税金等に備える貯金)

と、先取り貯蓄をよけて、
モロモロの固定支出を引き算してみると、


現金のやりくり費は、82,000円からのスタートいう結果に・・・・・


う~~~ん・・・


自分の感覚としては、
現金でのやりくり費は、やはり90,000円はないと心細いです。
・・・・・というか、自信がありません。

10万円スタートだと、気持ちにも余裕があるな、
9万円だとちょっと厳しいな、
8万円台だと、不安だな、

と、そんな感じ・・・。

毎月のやりくり費が増減するのは、
わたしのパート代と、クレジットカードの支払いの増減が
によるところが多いのですが、
(※ここで言うカード払いは、電気代・携帯代等の固定費についてなので
毎月だいたい同じくらいですが、どうしても数千円単位で増減しますね)


ちなみに、6月分については、現金やりくり費が減った理由は明らかです。


★GWがあったため、5月分のパート代が
  月平均に比べて1万円くらい少なかった

★にもかかわらず、6月分から特別費積立を5万円→7万円にアップさせた


この2つです。

特別費積立を増額したのは、
夫の生保を減額した分、その他節約した分の
合計20,000円を上乗せしたかったから。


パート代が少なかったのだから、
無理をせず、6月は特別費積立を今までどおり5万円にしておいても
良かった気はするのだけど・・・・


やはり、せっかく生命保険料を削減したのに、
それを生活費にしてはもったいない。
そこのところで、自分に甘くなったら意味がないという意地もあり・・・・。

少な目の予算内でやりくりできたら自信にもなるので、
とにかく頑張ってみようかな・・・と思ってます。

幸い、商品券も4000円分あるし、なんとか踏ん張らねば。


ただ、数えてみたら・・・・5月のお給料日が(土日絡むため)2日早かったし、
6月のお給料日までは、5週間もあるんですよね~


だ、だいじょうぶかな~~~(ちと不安)



がんばれわたし
★ランキングに参加中です♪