Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 資格取得にかけるお金を考える。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます♪


週明けでちょっと重たい頭とカラダ。
でも、今日1日頑張れば、明日は休みだよ~と考えると
結構軽くなってくるものですね。


勝手に「資格取るぞ!」宣言をしたせいか、
仕事に対しても、ものすごく前向きな自分がいます。

だって、あれも、これも全部自分のためになることばかりだから。
仕事だけど、日々勉強。


何度も書いていますが、
すべては自己満足です。

お給料が上がるわけでもないし、
資格を取るか、取らないか?で、
生活が変わるわけでもありません。
別になくても、十分仕事は続けられるし、日常は変わらない。


けれど、自分の中で確実に何かを積み上げている感触はあります。





そんな週末は、
ほとんど、自分が受けようと決めた資格試験取得について
調べるのに終始してしまいました。

一番、迷っているのが学習方法。


もちろん、一番お金がかからないのは独学です。

けれど・・・・




自信がない・・・


自分がすでに仕事でなじみのある分野は
結構頭に入ってくるだろうけれど、
それ以外の部分は、

テキストを読むだけで、頭に入るだろうか???

そして何より、何ヶ月もの間、
コツコツ自主学習って、自分が続けられるだろうか?

効率よく勉強を進めるためと
自分にある程度のプレッシャーを与えるため、
通信講座を活用したほうが、確実に目標に近づきそうな予感。

でもそれってホントに必要か?
根性があれば、お金かけなくたってテキストと過去問買うだけで
十分じゃないのか??
その通信講座は本当に必要か?

そして、そのお金の遣い方はちゃんと意味があると言えるか?
生きたお金の遣い方になってるか?

・・・・と、自分の中での葛藤がすごすぎるのです・・・


自分のために遣うお金はすごく考えてしまいますね。

まして、必要なお金かどうか?といえば、
それは自分次第なわけだし。


そういえば、
うちの息子は、なぜかマンガを読みません。

別に禁止した覚えはないのですよ。

ただ、息子に聞くと、

「マンガは読んだら終わりだから、
そんなものにお金を出すのが惜しい」

というのが理由だそうです。

もちろん、これも個人の価値観なので
大好きなマンガをコレクションしたいという考えの人もいるでしょう。

ほかにも同じような理由で
「食べ物にお金(おこづかい)を遣うのはもったいない」とも言う。
食べたら終わりで、何も残らないから・・・・だそう。

息子はマンガや食べることにはお金を出したくないけど
ゲームにお金を遣うのは惜しくない人(笑)

ゲーム好きといっても、プレイするシリーズ決まっているので
やみくもにいろんなゲームに手を出すタイプではないけどね。

それでもまあ、自分の中で
「これにはお金を出せるけど、これには出せない」という
ハッキリとした基準があるってことは、すごく大事。

まだ10代なのに、
息子の中では、自分にとって有意義なお金の遣い方が
ちゃんと区別できている。ちょっとうらやましい。

たぶん、息子ならば絶対に「独学」を選ぶと思う。
そういうヤツだ。




ああ・・・・話が横に逸れてしまったけど、

わたしは、自分の自己満足の資格取得に対して
どれだけのお金ならかけても惜しくないだろう?


ホントに迷うよ~~~


で、さんざん迷った挙句、



頭の中だけで、いろいろ考えてみてもしょうがないので、
まずは過去問買って、
1ヶ月がんばってみるところからはじめよう~という、
 


どうってことない結論にたどり着くわたし。




話はそれからだぜ~~
★ランキングに参加中です♪