Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 公園デビューしなくても、子は育つね。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます♪



ブログを通じて仲良くしていただいているくまたろうさんから
わたしの子育てについて聞きたいとのリクエストをいただきました。

よしよし、わたしの子育てね!
・・・・と、一瞬ワクワクしたものの・・・・・・

よくよく考えたら、わたしは特に息子の幼少期、
全然、お手本になるような育てなんてしてなかったわ・・・
ということに気づいてしまいました。

公園デビューとかが苦手で、息子を公園で遊ばせたことは
ほとんどないし。

いえね、正確に言うと近所の公園には、1度だけ行ったんですよ。
「最初で最後の公園」です。

ありったけの勇気を出して行きました。

いましたよ。
ママさんグループが。

ここでも勇気を出して、

「こんにちは~」と笑顔であいさつ。


もちろん、返してもらえました。


がんばらなくちゃ。がんばらなくちゃ、わたし!

でも、その先が続かない。
既に出来上がっているママさんたちの会話にはとても入れない。

そんな中・・・・そこを仕切っていた先輩ママさんからの
一言で、サ~~~~~~~っと気持ちが引いちゃったんです。



「あら、あなた新しい人よね?」


というその一言で。


なんですか?新しい人って。
ここは子育てサークルかなにかですか?
誰もが自由に使える公園ですよね?

そのうち、グループの誰かが
「梨たべな~~い?持ってきたのよ~!」と
タッパーを取り出して、みんなに梨を配ったり・・・
おせんべい配ったり・・・・


そういうのを見てたら(←わたしも梨がもらえたけど)


ダメだ・・・・・めんどくさすぎるわ・・・・

って思っちゃったわたし。

毎日同じ時間に通えば、仲間に入れてもらえて
仲良くなれただろう、
でも今日はわたしが何かおやつを持っていかなきゃ・・・とか
考えたらゾっとしたし、

確かに子供は楽しそうだけど、
もっと自分が自由にラクチンになりたい・・・と思い、

公園は無理だ・・・とあきらめました。


公園で思い切り遊ばせることもしなかったうえに、
わたしは絵本の読み聞かせも、苦手でほとんどしていません。
きっと健診でホントのことを言ったら、保健婦さんにダメ出しされただろうなあ。

これについては、過去の記事でも触れてますのでそちらでどうぞ・・・。
(→過去記事:新聞を解約したいけど出来ない理由

子育てで推奨されていることが全然できない自分のことを
子供が苦手なのかな?と思って、自己嫌悪に陥ったこともあります。

でも、「毎日公園でたくさん遊ばせる」とか、「絵本をたくさん読む」
という、固定観念にとらわれる必要は無いな・・・と
だんだんと割り切れるようになり・・・・
わたしはわたし。
親の自分も楽しいと思えることをしよう・・・と考え方を変えました。

幼稚園に入るまでは、
公園には(自分に勇気がなくて)行かなかった代わりに
息子と二人でよく散歩には行きましたよ。
近くの川に鯉がたくさんいたので、鯉のえさをわざわざ買って
よく通ったものです。
車で10分くらいのところに動物園があったので
動物園にも週に1度は行って、半日歩いて廻ったり
(毎回毎回同じ動物ばっかり見て、さすがに親は飽きるんだけど)
ベランダで一緒に朝顔やミニヒマワリを育てるなんてことも・・・・。


あと、絵本を読むのはどうしてもイヤだったけど’(笑)
代わりに、パズルはわたしがもともと好きだったので
息子とは、2~3歳のころから、よく一緒にやりました。

わたしには、絵本を読むより、
そっちのほうがずっとストレスがなくてラクチンだったんです。
正直、自分がラクをして、子育てしたいがために、
パズルでごまかしてた・・・・といっても過言ではないです・・・

気がつけば、幼稚園児のときには、一人で500ピースくらいは
普通にやってました。
(まあ、ディズニーとか、分かりやすい絵柄ばっかりでしたけどね)

言葉の遅れとか、砂遊びの経験のなさとか、
多少は気になったけれど、そんなの幼稚園に入ってしまえば
毎日イヤってほどやるんですよね。
今思えば、本当に些細なことで悩んだり自己嫌悪に陥って
バカみたいだったな~。若かったな~・・・(笑)

だからもしも、今小さい子を育てていて、
「みんながやってるように子供を遊ばせてあげてないかも」
と悩んでいるお母さんがいたら
全然気にしなくて大丈夫だよ、って言ってあげたい。
自分流でいいんだよ~~って。


親の都合で公園遊びを知らなくても、
体の丈夫な体育会系に育ってるわが息子がここにおります
★ランキングに参加中です♪