Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 外構工事、見栄っ張りな妻の巻。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。


我が家の外構工事の話など、
たぶん、誰も興味はないだろうに、立て続けに書いてごめんなさい。

でも、大きなお金が動くということで、これも立派な家計管理の話(無理矢理?)。


昨日のお話の続きです。



工事①だけで、40万円超えると言われてしまって呆然のわたしです。



聞けば、使用する材料費だけで30万いくんだって・・・。

最初の決意では、「工事①だけで、50万円かかるなら、ほかはあきらめる」
って決めていたのに・・・・・

こうして現場調査をしてもらって、
あれこれ打ち合わせをしていたら、

もうダメ。

自分の中で完成後のイメージが
膨らんじゃうんだもの・・・。

いまさら、工事②を取り止めて、我慢するなんて、
できないよ~~~~。


かといって、
2つの工事をお願いすると、 たぶん70万円以上かかっちゃうだろうなぁ・・・。




そして夜、
帰宅した夫に、この話をして意見を求めました。

工事①は、希望の材料を使うと40万以上かかると言われた。
工事②は、あればすごく便利なものなので、やっぱり欲しい。
でもこのままじゃ、大幅予算オーバー。どうしよう?

・・・・と。


すると・・・

夫「じゃあ、工事①のほうを安い部材にすればいいじゃん。オレは全然いいよ。 」

と、あっさり。


わたし「えええ~~?! アレがよかったのに・・・。だってあれ、オシャレじゃない?
    安い部材より、あっちのほうが家が断然映えると思うし~・・・・。」

夫「う~ん、まあそうだけどさ。でも高いんだからしょうがないじゃん。
   材料だけで30万円なんてもったいなくない?
  わざわざ近くまできて、誰かがジロジロ見ていくわけじゃないだろ?(笑)
  見栄えがいいのを使いたいっていう気持ちもわかるけど、 ハッキリ言って、
 お前が気にするほど、
 他人はうち(我が家)のことなんて見てないって
 」
  
と、言われました。





わたしって、ダメですね。

恥を承知で書きますが、たぶん見栄っ張りなんだと思います。
人からいいふうに見られたい。
オシャレな家だと思われたい、ステキだと言われたい。

正直、家を建てるときにも外観にかなりこだわってしまいました。
周りから、いい家だと思われたい気持ちが強かったかも。

でも、ステキステキと言ってもらえるのは、結局最初のうちだけで・・・
見慣れてくれば、誰もそんなことは言わなくなって(←当たり前)

住宅にかかったお金のことを、後から冷静に考えたら
「ああ、こんなところで見た目にこだわって、無駄なお金を遣ってしまった。」
って後悔するところがいくつもありました。


あ~~・・・・。
同じ失敗をもう一度するところでした。

夫は絶対に、わたしに無理強いするような人ではなく、
意見を言ってもいつでも
「お前が納得することが大事だから、好きにしていいよ」って人だけど、

夫の言葉で、
家を建てるときの無駄遣いを後悔した自分を思い出すことができました。


それに・・・・・・
考えてみたら、わたしってば、そもそも友達が少ない。

ただでさえ少ない上に、家を建てたころ(息子小学生)とは
生活も違うので、家族と職場以外の人と話すことって・・・
年に数回しかナイわ・・・・・。

一体わたしは誰の目を気にしてたんだろう?と苦笑い。



うん、そうだそうだ。
あのときと同じ失敗しちゃいけない。

そうそう、人は他人の家なんて、見てないのよ。


高い部材と安い部材の差額で、一体どれだけのものが買える?
・・・・・とか考えたら、急にお金が惜しくなってきたわたし(単純)。


・・・・・・ということで、
一応、両方の見積を頼んでいるけれど、

わたしの心の中では、夫の意見に従って、
工事①の施工費を抑えることに決定です。






もう、迷いなしだよ~。
★ランキングに参加中です♪