Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 個室しか空いていませんと言われたら、どうしますか?

おはようございます♪



ただいま入院中の父。

病棟は4階です。
こんな時くらい、日ごろの運動不足を補うべく、
階段を使おうじゃないか!と思って、
階段で4階まで上がったら・・・・・


尋常でないほど息切れしたNORAKOでございます・・・・・


運動不足だからこそ。


慣れない事はするもんじゃ~~ございませんよ、みなさん。



さて、入院について

「父は特別室に入っている」と書きました。

決して、お金持ちでもないし、たんまり医療保険に入っているわけでもありません。
単純に

「特別室しか空きがない」
と言われたから、仕方なく・・・・なのです。


もともと、個室希望ではあったので
安い1日4,500円の普通個室をお願いしました。

が、病棟に問い合わせてもらうと
大部屋も普通個室も、空きは一切なく、
特別室A(30,000円)と特別室B(10,000円)
しか空いてないと言われてしまったのです。


みなさんなら、どうしますか?
こういうとき。


わたしは、空いていないものはどうにもならないし、
「わかりました、では特別室でいいです」と答えました。

同意書にサインをしてください、と言われたのでサインもしました。


でも、少しだけ気になったので・・・・
やんわりと、それとな~く、

「こういう場合って、その特別室のお金はこちらの負担になるのですか?

と訪ねました。

すると、

「本当に申し訳ないと思っていますが・・・・」という言葉。
治療に必要な個室利用の場合は、差額ベッド代はいただきませんが、
病室が空いていない場合については、
患者さんに納得していただいた上で、お支払いいただくしかありません・・・。
もしも、どうしても個室はイヤだと言われる場合は、
ほかの病院を紹介させていただくしかないのですが・・・・・・

という説明でした。(※あくまでその病院のケースです)

確かに、この病院に心筋梗塞で入院したときは

CCUから一般病棟に移ってきたときに、
6日間は個室だったけれど、治療のためだったので、
差額ベッド代は請求されませんでした。
だから、その病院はそういう決まりになっているのでしょう・・・。

病院スタッフの方たちも、
何度も頭を下げてくれて、決して嫌な気持ちにはならなかったし、
「他の部屋に空きが出たら、すぐに移れるようにしますので」と
繰り返し言ってくれたので、 説明自体を不愉快には思いませんでした。

これはもう、しかたないな・・・と思って、同意書にサイン。
父は特別室へ入ることになったわけです。


けれど、
帰宅してからネットで調べてみたら・・・・

厚生労働省の決めたルール?では、

・同意書に患者の署名があること。
・病院が料金を請求できるのは、患者側の希望がある場合に限る
・治療上の必要がある場合は料金を請求できない

って、明確に決められているんだそうです。

そして、今回の父のように
空きがないというのも、病院側の都合なので、
差額ベッド代を請求してはいけないという決まりになっているのが
正しいあり方のようです。

その際、患者側は請求されても、
支払いを拒否することができるとのこと。


でも、支払いを拒否するには「同意書に絶対に署名しない」
ということが必要になってくるわけで・・・・。
(署名さえしなければ、支払わなくていいらしい)



が、実際には支払いを拒否するって結構難しいことだと思います。

だって、入院そのものが、
「同意書にサインをしてはじめて、入院させてもらえる」って形なので
サイン拒否=入院できないってことになってしまうから。

だからといって、
これから家族がお世話になるというのに、
「いや、これは払う義務はないはずだ。納得いかない!」
頑なに拒否して、波風立てるというのも・・・・できれば避けたいもの。

クレイマーだと思われてもイヤなので、
少なくとも、わたしにはとても言えません。

ましてや、肺炎でつらそうにしている父を目の前にしたら
とにかく早く、病室でゆっくりさせてあげたい・・・・と思ったし。


特に父の場合は、そこは初めての病院ではなく、
過去に心筋梗塞で生死をさまよった父を救ってくれた病院であり、

先生も看護婦さんたちも本当に親身になって
お世話してくださる方ばかり。
大きな病院なので、今回だけでなく、おそらく今後も何かあれば頼るでしょう。
ゴネて関係を悪くしたくはありません。父のためにも。


調べてみたら、案外
「空きがないので個室になりますが、いいですか?」
差額ベッド代を請求されるケースは少なくないみたいですね。
で、払いたくないというのであれば、入院を待つか、転院しかない・・・・みたいな。


こんなケースを考えてみると、

「わたしは病気になっても大部屋で十分。個室に入らないから医療保険は不要」
とか決め付けてしまってる人は、
思いも寄らぬところで、「しまった~!」ってことになっちゃうかも。


これ、意外な盲点だなぁ~~って思いましたよ。



ちなみに父も医療保険に入っていて1日7,500円出ます。
けれど、ずいぶん昔に入ったものなので「8日目から」しか出ないんです(涙)
既に心筋梗塞の病歴があるため、
今更保険を乗り換えるということも無理なので、そのまま、継続してます。

だから長期入院の場合は差額ベッド代はあまり気にしなくてOKなんですが
今回の場合は7~10日くらいでの退院なので・・・(^o^;)
モロ負担が来るんですね~~。


でも、幸いなことに
入院3日目で、普通個室が空いたので、現在はそちらへ移っています
ああ、よかった・・・・・♪


みなさんも、こういうこと頭に入れて置かれたほうがいいと思います。
本来は払う義務はないけれど、
実際には当たり前のように同意書にサインを求められることが少なくないこと。
頑として拒否できる方は・・・・・、


どうか、がんばってください・・・
★ランキングに参加中です♪