Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 息子の志望校決定の決め手になったこと。

おはようございます♪


今日と明日の2日間、

息子の学校で「高専祭」があります♪


去年は行かなかったけど、
やっぱり1度は見てあげないと~~~と思い、

今年は行くつもりです(*^▽^*)
とにかく、楽しければOKみたいな感じなので
高校の文化祭とかより、ずっと盛り上がるらしいです~。

息子は部活で「やきそば」を焼いて売るんだとか。




できるのか?!?!

売り上げに協力すべく、2~3パックは買ってやらないといけませんね(^o^;)



さて、

お友達のブログのコメントにあることを書いて・・・・
ふと、記事にしたくなったので書きます(たいした話じゃないです)


うちの息子が、
中学時代、頑なに塾を拒否して、行かなかったことは
ここでも何度も触れてるんですが・・・


その息子、

実は中2になったばかりの4月に、突然

「お母さん、パソコン習いたいんだけど」

と言い出したのです。


びっくりでした。


塾は絶対にイヤという息子が
自分から行きたいと言ったのがパソコン教室???

やりたいというのなら、やらせてあげようじゃないか。
それに、イマドキは文系だろうが理系だろうが
社会人になったとき、PCスキルは標準装備が常識でしょうし。

わたし自身はP検とMOSを自宅学習で取得したので、
わざわざ通わなくても?という思いもチラリありましたが、

当時の息子は、まだキーボードも
人差し指でポツポツ打つレベルだったので
まあ、我流でヘンな癖がつく前に、正しい指使いを教室で習ったほうが
結果的にタイピング技術を身につけるには近道だろう・・・と思い、
PC教室へ行かせたのです。
当時のP検はタイピングテストが今より厳しかったしネ。
(確か10分間で1,500字中600字以上)

それと、P検は英検や漢検と同じように、
受験のときに調査票に書いてもらえる資格だったので
取得しておいて、損はないかと思ったこともありました。

といっても塾とは違うので、目標達成したらそこでオワリ・・・ですから
通ったのは4~7月の4ヶ月間(月8回ずつ)だけですけどネ。
目標にしていたP検3級とMOS(ワード・エクセル)を
無事に取得したってわけです。

ところで、中2というと、周りの同級生は、高校受験のために英検や漢検を
せっせと受験しはじめる時期。

親としては、あの子もこの子も英検だって~~~と聞くと、
やっぱり気持ちが焦ります。
だから、「みんな受けてるし、英検受けたら?」と勧めたりもしました。

すると息子は

「みんなが持ってるものを受けてもしょうがない」

って言って、これまた拒否。
確かに、少なくとも息子の周りで、P検受けてる子はいませんでしたが・・・。


実は、わたしの中で、「この子は高専に向いてるんじゃないか?」と
確信したのは、実はこのPC教室に行きたいと言ったことがきっかけだったのです。

コンピューターが好きで、早く扱えるようになりたいから
PC教室に行きたいと言ったことや、(←興味のあることはドンドン勉強したがる)

周りみんなが英検を受けてても、それに流されるようなことがなく
人と同じであることに、さほど関心がないところ。

自分ひとりだけ、みんなと全然違う学校へ行くことや
全く違う進路を選ぶこと、
大学受験がないことや、制服がないこと、
些細なことかもしれないけれど、
そういう「人と違う」ってことに少しでも不安を感じる子は
ちょっと高専って向いてないかもしれないかな~と個人的には思うんですよね。

そのあたり、息子は自分の意思がものすごくハッキリしていたので、
あ、これは大丈夫だ、という感じだったわけです(笑)。



あれから3年。


ブラインドタッチも速くなりました。
(まだまだわたしの足元には及ばないが。フッフッフ・・・)

MOSで覚えたスキルは、
学校へ提出するレポート作成に生かされてます。


今考えてみても、
習わせておいてよかったな~~って感じになってます(*^▽^*)
★ランキングに参加中です♪