Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 本当に年金はアテにできない様子。

おはようございます。


昨日、職場で仕事の出来ない営業くんからトンデモナイ告白をされました。

決して、法律に触れることじゃないけれど
仕事をする上で、、営業職として、人として、
それはやっちゃダメでしょう? ・・・・ということをしたのです。

善悪の判断くらいあるだろうに。
「ボクもダメだよなぁ~とは思ったんスけどね~(苦笑)」ですって。

「それはダメだよ。」とハッキリ言いましたが、
いけないことだとわかってたけどやっちゃった的な顔。

事の重大さがわかってるのか???


ああ言いたい。

社長に全部チクリたい。

夕べからその思いが頭をめぐってるけど、
さすがにそれはできません。(だからこそ、聞きたくなかった)

でも、神様はきっと見ているぞ。
あなたが今回やったことは、いずれ暴露されて窮地に陥ることになると思うよ。
婚約中のカノジョさん、本当に彼でいいの・・・?(←よけいなお世話ですが)


わたしは知らないよ。後でバレて大変なことになっても・・・・。



さて、いつもながら前置きが長くなってすみません。

夕べからニュースで報じられている「年金開始を68~70歳に引きあげる動き」。

やっぱりですか・・・・。


確か消費税も上がるんですよね? さらに年金支給も遅らせる???

民主党が政権をとるとき、そんなマニフェスト、ありましたっけ?
マニフェストになかったことを、後出して次から次へと・・・
なんだかなぁ・・・と思います。

まぁ、そういう政治に対する不満は言ってもしょうがないので、

とにかく、本当にもう、

年金をあてにしてはいけない。

ということだけは再確認させられました。


でもまだよかった。今気付けたから。

去年までずーっとズボラ主婦をしていたことを思ったら、

この時期に、老後の準備の大切さに気づくことができたことは
「早く気がついてよかった」なんですよね、ホントに。

これもブログを始めたおかげです(*^▽^*)


ところで、自分たちが60歳になるまでに、
いくらくらい貯めておくのが理想なんでしょうね?

実は夫の仕事には定年がありません。
だから、60歳を過ぎても、健康に問題がなければ
働いてくれるハズで・・・・

健康であることを前提に考えれば、60歳で定収入が無くなるということは
おそらくないです。

ただ、年金と同じように・・・?
わたしはそのあたりも、あまり大きな期待をしないようにしています。

やはり、年齢とともに病気リスクが高まるのは間違いないので
病気になって、働きたくても働けなくなっているかもしれないし、

健康だとしても、
夫が”もうリタイアして、のんびり暮らしたい”と言い出すかもしれない。
(おそらくそれはないとは思うけど)

そうなったときに生活費の心配をしたくはないので・・・・・
やはり定年はなくとも、60歳を一区切りとして、
それまでに出来るだけ貯金をしなければ・・・と考えてます。

実際に、65~70歳も、夫が働いてくれたとしたら、
それだけ、老後の生活は豊かになるわけで・・・・・・すごくありがたいことです。

とはいえ、今からプレッシャーはかけたくないので(笑)
そこまで働いてもらうことを計算には入れないでおくつもりですけどネ。




幸い、我が家の場合、
息子の教育費はすでに確保済み(保険払済で計500万円)
そして住宅ローンは2年以内に終わらせる予定。

人生の大きな出費が終わるメドがついているので・・・・
住宅ローンが終わったところからの貯金は、
老後のことだけを思って貯められるのが、計画も立てやすく、
また、自分とってもわかりやすくて助かります(^^;)


とにかく、まずは、目の前の住宅ローンを終わらせることが第一です(笑)
★ランキングに参加中です♪