FC2ブログ

Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 そして、再び父との旅行へ。

たまーにしかブログを更新しないわりに、

その更新する内容も、8割がた父の話ばっかりで
我ながらなんて話題に乏しい日常を送っているんだろう?と思いますが

まあ、書きたいことを書きたいときに書くスタイルでいいかなと
思っているので、気にせずいきます(笑)

タイトルどおり、懲りずに?また父と旅行に行くことになりました。

前回の記事でも書きましたが
3月中旬ごろから、ようやく父の体調が上向きになり、
物事に対する意欲・・・という、一番大事な部分のメンタルも
すっかり元通りになってくれたので

さらにモチベーションを引き上げる「お楽しみ」があるといいなと思い、
大相撲5月場所の先行抽選に申し込んだところ、
今回も見事に当選しました☆

これで3回目ですが、回を重ねるごとに欲が出てくるもので・・・^^;
今回は倍率の高い人気席「マス席A」という、
特等席にチャレンジして・・・の当選だったのでこれはうれしいです。

ちなみに、相撲の座席について詳しくない方のために解説しますと・・・
土俵の周りでお客さんが座布団1枚で座っている席は「たまり席」と呼ばれている席で、
ここが本当に一番近いトコです。(たぶんテレビにも映る場所)

ただ、この「たまり席」というのは、飲食禁止、撮影禁止、
(そして時にはお相撲さんが飛び込んでくる席w)
なので、長時間の観戦にはなかなかつらい場所だと思います。

今回当選した「マス席A」というのは、この「たまり席」の後ろ・・・になるので
土俵に一番近いエリアというわけではないのですが
それでも、十分に近いはず。
父もそれはそれは喜んでくれました。

で・・・
東京まで行く・・・となると、
例によって「相撲だけ見て帰ってくるというわけにはいかない」という覚悟で
父を誘うわけですが・・・
今回も、もちろんそうなりました。

しかも、

なんと今回は2泊もすることに・・・・?!

なぜ1泊ではなく2泊ってことになったかというと・・・

父に「どこか行きたいところある?」と聞いてみたところ

「横須賀の軍港めぐりを体験したい」
と。

わたしは地方民であることと、
そういったことにさほど興味もないので
全く知らなかったのですが、

父に言われてネットで調べてみたら、
この「軍港めぐり」って結構人気が高まっているんですね?

相撲観戦の翌日に、横須賀へ行って軍港めぐりに乗りたい」と父が言うので
その場でスマホで調べてみたところ・・・・

なんと、ものすごくタイミングの悪いことに、
その日の予約はすでに完売状態でした。

(※調べたところ、このチケット、
定員の半数分が予約販売、残り半数分は当日券として販売されるので、
予約必須というわけではないようですが
天候が悪いと安全のために当日販売分を減らすとか、
また当日券も早めに並んで買わないと手に入らない・・・ってこともあるようなので
「どうしても乗りたい」という場合は、やはり事前予約が安全のようです)

しかーし、よく見ると「そのまた翌日」ならまだ空きがたくさんあることに気づき・・・
うーーーん。。。。と、その場でしばし考えて

思い切って父に

「じゃあ、予定を2泊にして、3日目に乗る?」と聞いてみたところ
大喜びして、「そうしよう!」とノってきたため、
2泊3日の行程になったというわけ。


何もそこまでして親の希望に合わせなくても・・・って
思われるかもしれないけれど

父によると、
実は去年、一人で東京観光に行ったときに
その軍港めぐりに乗りたくて、横須賀まで足を延ばしたというのです。
でも、そのときは

「どうやったら乗れるのか、どこでチケットを買うのかも
わからなかったから港だけ見て帰ってきた。」


と聞かされて・・・・。

なんだかそういう淋しいエピソードを聞いてしまうと
「何としても乗せてあげなくては」って気持ちになってしまったのです。

「また今度」なんて言ってても、
また今度・・・の機会が本当にあるかはわかりません。
元気に動けるうちに、
希望は叶えてやりたいと思っているのでそうすることにしました。


そんなこんなで、父の「行きたいとこリスト」はこうです。

*北斎美術館に行きたい
*柴又帝釈天に行きたい
*上野の鈴本亭で寄席を楽しみたい
*横浜中華街へ行きたい
*横須賀軍港めぐりに乗りたい



・・・となっており、これらすべて行く予定です。

2泊にしたことでわりとゆとりは生まれました。
わたしが行きたいか?楽しみか・・・?と言われれば微妙ですが^^;
(寅さんの映画は見たことがないし、落語も興味ないし・・・w)

父が「幸せだなぁ」と感じてもらえれば
まあ、それでいいかな。
そういうつもりで誘っていますし。


ただひとつ、今から頭が痛いのは・・・・
父が例によって「タクシーより電車がいい」と言っていること。

駅から駅・・・は、まあいいとして、
その駅から徒歩〇分・・・の積みかさねが
じわじわと体力を奪うことを知っているので、気がかりなのです。
(わたしは5キロくらいなら休みなく歩けるけれど、
肺の悪い父はせいぜい1キロで息を切らします)


それに徒歩で移動するときは
父の負担軽減のために、毎回わたしが父の荷物も持つので
わたし自身の負担も大きいですし・・・。

それらを考慮し、タクシーのほうが便利なところは
躊躇なくタクシーに頼りたいわたしなのですが

何しろ、本人が一番自分の体力を過大評価していて


「タクシーなんてもったいない」
「タクシーではおもしろくない」

などという、ヘンに意地を張るところが
頭の痛い問題です。


まあ、いざとなったら
わたしがしんどいからタクシーに乗りたい、って言えば
素直に聞いてくれるかな・・・。
(自分のため、と思われるのがプライドに障るみたいだしw)


父親と2人で旅行だなんて、
よく行く気になるねぇ~~って思われるかもしれませんが


あそこがつらい、ここがつらい、っていう
弱音を吐かれたり、入院して毎日病室へ通わなければならなくなることを思ったら

旅行に連れていくことで、
その計画段階から、気分を上向きにし、
機嫌よく、元気をキープしてもらえるほうが
ずっとわたしの精神面にもプラスなので、負担には思わないです。


それに去年2回も行ってるので、
「旅行中の父の取り扱い」も、熟知しましたし(笑)



あとは、当日まで体調崩すことなく
このまま安定した健康状態が続いてくれることを祈るのみです。