Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 自分とは違う考えを許さない人たち。

昨日、Twitterを見ていたら

RTで、とある話が流れてきました。
簡単に言うと、

ある男性が会社で

「妻がインフルになったから早退させてください」
と言ったら
上司が「お前の代わりなんかいくらでもいるんだぞ」
と言ったので
「嫁の代わりはいねぇんだバカヤロウ」と
上司に歯向かって早退してきたが

処分されたのは上司のほうだった・・・という話。


これを見た人たちのほぼ9割が

「旦那さんグッジョブ」
「上司ざまあ」

…という感じで、上司を叩きのめすムード。


ちなみに私はエピソード自体には懐疑的で・・・^^;
実際こんなふうに上司に言うか?と疑問なので話盛ってると思ってますが


この話を見た人はみんな一応信じているようで・・・

そういう反応になっている様子でした。

でも、(話を信じるとして)

上司の「お前の代わりなんか・・・」は確かに暴言だと思うけれど


「嫁の代わりはいねえんだぞバカヤロウ」
という口の利き方しかできない人もどうなの?と、思ってしまうのだけど。

まあ昭和な人間ですからね。
こういうところに敏感になっちゃうのです(笑)
バカヤロウ、と吐き捨てるほどのことでもなかろうに・・・と。

そして、

「え?奥さんがインフルだからって帰って何するの?
(インフル、ってわかってるってことはすでに病院行った後だろうし)
基本、インフルって食欲もないし、ひたすら寝てるしかないし、
特効薬で熱は大抵すぐ下がるだろうし

枕元にずっと寄り添うとでも?
いや、うつったら大変だし、
わたしなら帰ってこなくていい、って思うけど・・・」

と思ったほどなのですが、

たぶんそういうことをつぶやいたら
きっと総攻撃を食らって、
炎上させてしまう世の中になので
想像しただけでコワイコワイ・・・・と思ってしまいました。
(・・・と言いつつこんなところで書いてますが、影響力のないブログだし
所詮個人の感想だから許してください)

それでも中にはやんわりと冷静に

「奥さんにインフルの疑いがあるから病院に連れていく、とか
子供の世話をしなくてはいけないから、とか
明確に帰らなければいけない理由があるならわかるけど、
奥さんがインフルになっただけで早退する必要あるのか疑問」

「3月といったらすごく忙しい時期だし・・・」

と、わたしと同じ考えを言ってる人もいましたが、
それらはほんの数えるほど。

そして、もちろん賛同者はいません。


子供が病気で帰るのは当然アリだし、
奥さんや親を病院へ連れていくから、もありだし
奥さんの代わりに面倒を看なければいけない家族がいる、も
当然ありだと思うけれど・・・


職場のほうも職場のほうで、
めちゃくちゃ忙しくて、今担当者に休まれたら困る!
という状況だったかもしれないし、

殺気立つくらい忙しい状況で、
自分の同僚がそういう理由で早退すると聞いたら
「えええ?帰るの・・・?今この状況で?」
って、怒ることはなくても
決して寛容にはなれないような気がしてしまいます。


そこはケースバイケースで折り合いをつけるのが
日本の社会なんじゃないかなぁ・・・と思うので。

この件以外でも、
「うーん、でも・・・」と感じるような意見は

Twitterを見ているとよく見かけるのですが
それに対して少しでも異を唱えると
一斉に叩かれるだろう雰囲気はものすごく怖いなと感じます。

(たぶん、わたしのように感じた人は少なくなかったと思うのだけど
それを言うと見知らぬ人たちから叩かれそうなリプ欄の雰囲気だったから
誰も言い出さないのかなあ・・・とも思いました)


でも、こういうことをTwitterに書くと
疑問に思った側が叩かれるのが、今の世の中だなーと感じます。

そして「考え方が古い」と、すべて否定される世の中。

自分と違う考えを見つけると
「あなたの考えおかしいですよ!」と凸撃して意地でも論破してやろうとする世の中。

「ああ、そういう考えもあるのか」でスルーしない世の中。


そして、自分と違う考えを間違いだと決めつけて一斉に叩くけれど、
その、一斉に叩く自分たちの行為のことは正義として
もっとひどい言葉で罵倒したり中傷してでも、正当化できてしまう人たちって、


ある意味、この”上司”よりもコワイと感じるのはわたしだけかな。