Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 やっと10月が終わった(まだですが)

気が付けばブログ更新を1週間も放置してしまっていた!

・・・まあ、わかっていたことですが。

この1か月はすごく忙しくて・・・・



って、仕事もしてない専業主婦が何言ってるんだか、ですが
スケジュール的なことというより

「予定がありすぎて心が落ち着かない」という

精神的に忙しい状態だったといったほうがいいのかな。


数え上げるだけでも、


*町内の秋のお祭りへの強制参加

*新しく参加した市民講座に馴染むこと

*自分の定期検診

*TOEIC試験



・・・・と、どれもこれも自分にとっては「行かなきゃ」「やらなきゃ」「がんばらなきゃ」
という、精神的にプレッシャーのかかるイベントが次から次へと
立て続けに入っている状態だったので

特に昨日のTOEIC前の直前1週間はブログ書いてる場合ではないわーと
そのくらい気持ちに余裕がなかったわけです。


で、TOEIC終わってホっとしたいところですが
10月の予定のラストにして、最大の懸念事項だった
父の定期検査へ今朝同行してきました。


結果・・・・


なんと、今月も腫瘍の大きさに変化なし!


何度も言いますが、父の場合は細胞検査をしていないので
(↑細胞が取れない状態だから)
ガンの確定診断を受けているわけではありません。
(あくまでもCT検査とPET検査、そして先生の経験を根拠とした画像診断。)

なので、先生のほうもそのあたりは毎回言葉を慎重に選んで
説明してくださるのだけど、

ガンの可能性が限りなく高いのは確か。

が、

「通常、このサイズ(1cm)のガンを半年も放置しておけば
かなり大きくなります。
けれど〇〇さんの場合は7か月間全く変化がないわけで・・・
非常に珍しいケース。
考えられるのは、可能性は低いけれど”ガンではない”という可能性、
または、悪さをしないとてもおとなしいガンである可能性ですね」

というのが現在の状態。

確か前回の検査でも同じことを言われた気がするけれど
今回も同様でした。



父本人はどう思っているかわかりませんが
娘としては、”ガンではないというわずかな可能性”にすがろうとは思ってないので
おそらく後者の”とてもおとなしい性質”でいてくれるタイプなのかな、と思ってます。

とにかくいいのです。

「今さえよければ」


父のことに関しては、あまり遠い先のことまで
考えないようにしているから。

まずは来月の九州場所にいけたらOK。


ありがたいことに、次の検査は年明け1月になったので、
さしあたってずっと「悪化していない」という認定のもとに?(笑)
家族全員が明るい気持ちで年を越せるだけでも、十分幸せです。



そんなわけで、わたしの忙しい10月は終わりました。


まだ終わってないけど、気分的には「全タスク完了」ってところで
ものすごーく、解放感に浸っているから「終了」でいいの(笑)



ただね・・・・ひとつ気の重いことが(まだあるのか?)



まあ、もう少し様子を見て、そのうち書けそうなら書くかもしれないのだけど
どうも今月から入った講座に、自分だけ馴染めてない感が・・・。
初日の自己紹介のときは、「楽しい」と思ったけれど

講座が本格的にスタートしてみると
「求めてたのはこれじゃない」という思いが強くて・・・(汗)

もちろん、家の外では女優なのでw
そんなそぶりを見せずにニコニコと参加しているけれど
心の奥ですごーく無理をしてるのが自分でわかるのです。

「ああ、自分だけホントは冷めた目で見てる。浮いてる」って。


”慣れ”だけの問題で、そのうち楽しくなってくるのかもしれないので
もうちょっと頑張ってみるつもりだけど・・・・。


人と触れ合う機会を作るために参加を決めたはずなのに
行くのがもう憂鬱になってるとか、
何やってるんだろうなあ・・・わたし・・・となってしまってます。トホホ。


今日はとにかく、思い切りのんびりだらだらして
ネガティブなことは考えないようにします!うん。