FC2ブログ

Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 計画したがる人、無計画が好きな人。

以前ブログに書いたとおり、

9月場所を観戦するために来週父と東京へ行きます!

・・・が、さほど相撲に興味があるわけではない方でもおそらくご存知のとおり
よりによって、この相撲観戦初体験という大事な場所で

人気力士があの人もこの人も休場という状況で、気分はいまいち盛り上がりに欠けています(泣)

夫からは

「お前誰も(人気力士が)出てないのに行くの?やめたら?」

などとからかわれるほど。

今更そんなわけにいくかーー!!!
せっかく取れたチケット&ホテル予約を無駄にするわけないでしょうが!
と吠えましたけどね、。

でもわたしとは違って「ガチ相撲ファン」の父は
「十両の取り組みも楽しみだ」と言っているほどなので(←長年の相撲ファンはここが違う)
大好きな高安が出なくても、
やっぱり生観戦が楽しみで仕方がないと言ってくれており・・・。

まあ主役が喜んでくれているならそれでいいや、という気持ちです。


わざわざ地方の田舎から東京まで出ていくわけなので
相撲だけ見て帰ってくるわけではなく、

初日の午前中と、翌日は観光の予定も入れてます。

当初、はとバスでいいんじゃない?な雰囲気でしたが
父が意外と観光名所に興味がないことがわかったため→過去記事★

結局行きたいところを回ることになりました。

ただね~~~~
もう、前々からわかりきっていたことですが


わたしと父親って、旅行に対する「スタンス」が真逆なんです。
だから、お互いのすり合わせが非常に難しい。

どこへ行くか?という目的地については、
わたし自身、特に「どうしてもいきたい!」というところはないので
父の希望を優先する予定なのですが、

何が真逆なのかというと

「わたしはなんでも計画して、事前リサーチしてスケジュールを立てたい」

タイプなのに対し、父は

「まあその場の気分や都合で決めればいいじゃん」

という、行き当たりばったりなタイプ。
つまり無計画派。トラブルや想定外なことが起きても
「それが旅の醍醐味じゃないか」と笑うタイプ。

こんな2人が「どこへ行く?」って話し合っても
わたしはできるだけルートと時間配分を決めておきたいのに
父は「まあいいじゃん」なので、

折り合いをつけるのがなかなか大変・・・。

父はわたしよりずっと旅慣れているので(国内・国外ともにたくさん行ってる)
わたしがなんでも事前に決めておきたがることを
面倒がっているけれど

わたしの意見を言わせてもらえばですね~(こんなところで愚痴を吐く)

ドライブ旅行だったらそれでもいいのですよ。
全部ナビにお任せできるから。

でも、どこへ行くにも公共交通機関を使わなくちゃならない、
しかも電車・バス・地下鉄だの路線だの、
選択肢の多すぎる大都会へ行くわけなので、

急に「あそこに行ってみよう」となったら
人ごみのなか、その場でスマホ取り出してアクセスを調べることになるわけで・・・
それから「どこから乗れば?」と探したり。
そういうのって、ものすごく時間のロスだと感じるのでイヤなのです。

だって、何日ものんびり滞在するならいざしらず、
その日に家まで帰ってこなくちゃならないのですから
効率よく動きたいじゃないですか。

だから前もってルートは決めておいて
だいたいこの時間にこういう移動ができる・・・って調べておきたいの。

思いませんか?堅すぎますか?こういうの(笑)


そしてその移動手段についても・・・


わたしはかねてから、父の肺機能を心配しているので
無理に電車やバスを使わなくても、
タクシーで移動したらいいじゃん?と思っていました。

乗り場とか、乗り換えとか、ウロウロ探すだけでも
時間と体力を消耗しそうだから。

ところがそれを父からは

「タクシーなんて乗ったらつまらない。
電車や地下鉄に乗るほうが、その街の雰囲気を感じられるから楽しいじゃないか」


などと言われる始末・・・。

そうかあ????
都会の電車なんて、ただ人が多くて疲れるだけだと思うのですが。
たぶんわたし「次は〇〇で降りなくちゃいけないのね」って
そっちばかりに気が行って、景色だの人だの見てる余裕ないし。
自動的に目的地へ連れてってもらえるタクシーのほうが
よっぽど景色見てる余裕あると思うんだけどな。


本当は父の体調を心配して、心肺機能の無駄遣いをしたくないのが一番の理由なのですが
(父は自分の体力をいつも過信しているので、
後先考えず、エネルギーの残量を気にせずに動き回ってヘトヘトになる傾向がある)

あまりに「肺が、体力が」と連呼しても
父としては病人扱いされているみたいでイヤだろうと思い
言えないため、


「いや、お父さんはいいだろうけど、
むしろわたし自分の体力のほうが心配だからさ~」


と、自分がタクシーに乗りたいんだー、を強調しておきました(笑)


とりあえずは父の希望に沿って電車移動がメインになりそうですが
「疲れたら無理せずタクシーにしようね」ということにしてあります。


さて

そんなこんなで、いよいよ東京行きが近づいてきましたが・・・・


ここまできたら・・・・・
せめて、せめて



日馬富士関よ、なんとか休場せずに頑張ってください!(爆)





横綱0人の相撲観戦は淋しすぎますから・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。