Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 人との関わりがなさ過ぎるので。

仕事を辞めてから、なんだかんだでもう1か月以上経過しましたが

実は今でも後任さんから仕事についての問い合わせがあります。
それは、引継ぎが決して100%できたわけではなかったため
わたしのほうから「困ったらいつでも連絡を」と
申し出たことなので、何度問い合わせがあっても
全く苦にならないのですが

後任さんからの話を聞くと
彼女が、慣れない仕事をこなす中で、社長からさまざまなことを要求されて
それに必死に応えるべく、日々努力していることが
容易に想像できるので

自分が悪いことをしたわけではないのに
(わたしは辞めることを選び、彼女は望んで入ってきたわけなので)
「社長の秘書役を押し付けてしまって本当にごめんなさい」
という、ヘンな気持ちになります。

同時に、わたしはそういうストレスの日々から
早く抜けだしてラクになりたかったので、
「本当に辞めてよかった。辞められてよかった」という安堵も・・・。

そうやって、頭の上にいつも乗っかっていた
大きな重い石が、なくなったわたしの日常は
ほぼストレスとは無縁になり、
また、父の病状も安定しているために
毎日おうち生活をまったり満喫しているわけですが

最近、「こんな生活続けていていいのかな」と
あまりにも抑揚のない生活に危機感を感じつつあります。

ストレスがないのは、人との関わりが一切ないから。
話し相手が家族だけ・・・・って、
これ、他人から見たら結構淋しい人に見えるんじゃ?と
不安になってきたのです。

強がりでもなんでもなく、今のわたしは特に淋しいと思っていないし
毎日が暇で退屈で仕方がないとも思っていません。
けれど、

今はいいのだけど、
大げさに言えば、この先暮らしていく上で

「こんなに人との接点がない生活でいいんだろうか?」と

漠然とした不安を感じてしまうのです。
何と言ったらいいのか・・・
もしかしたら5年10年したら、不安になるかもしれないなあ・・・と。

振り返ったときに
「わたしのこの5年間は何もなかったな」ってなりそうで(笑)


数少ない友達に連絡でもして、
久しぶりに会おうかな?と思いついたりするものの

なんだか「今どうしてる?」というところを
つらつら話すことを想像したら、
ちょっとめんどくさくなってしまったりしてもう・・・。
(これがもうよくない?)


やっぱり働くほうがいいのかなーと、
週3日くらいで仕事探そうかしら?と思って
職探しのサイトを見るものの

「いやいやいや。またいつ父が入院するかもわからないのに
(そのために仕事辞めたのに)また仕事探してどうする?」

と、こちらも思いとどまる始末。


そんな「自分はどうしたいの?」が定まらないままに
これならいいかも?と飛びついたのが

自治体が主催している「市民講座」でした。

ちょうど時期的に下半期の講座が10月から始まるってことで
配布されたパンフレットを見たのがきっかけです。


友達ができたらなーなんていう、ディープな期待をしているわけではなく
ただ単純に、その日その場所で
一緒に取り組んでいることについて、
参加者と軽く笑いあっておしゃべりができればいいな、という感じ。

ネガティブ思考なわたしは
ひょっとしたら、そういう講座でも

一人二人はイヤなやつがいて(笑)
講座に通うのが憂鬱になってきちゃったりしないだろうか~と
多少不安だったりもするのですが

まあ、多少の「この人苦手だわ」があったとしても、
10年近く前に通った、同じく市民講座の「料理講座」ほど
イヤな思いをすることはきっとないはず、と信じてます。

当時のママ友に誘われて参加した「料理講座」は
最初の2~3回で”ああ、わたしには向いてない”と
誘ってくれた友達にはものすごく申し訳ないと思いつつ
毎週毎週、行くのが憂鬱でたまらなくなってしまった講座です。
(我慢して最後まで行きましたが)


*やたら講師にすり寄って取り入ろうとする”講座慣れ”した参加者数人がはしゃいでてイヤだった。
*自分の料理スキル(知識)をひけらかしたがる人がちらほらいて、うっとーしかった
*グループで、「常に洗い物しかしない(料理しない)」おばちゃんがいたこと(食べるだけ)
*人のやることにケチばっかりつけるおばちゃんがいたこと
*料理教室で料理して疲れて、もはやその日の夕飯作る元気がなくなったこと

 
などなど・・・で、ああ料理教室の”共同作業”ってこんなに疲れるんだ・・・
と思い、これは絶対的に自分には向いてないんだわ、と学習したので

今後も間違いなく、料理教室系の講座には参加しないであろうわたしです(笑)


・・・と、そんなわけで

料理講座でなければ、たぶんそこまでイヤなことは
起こり得まい、と思い
思い切って2度目のとある市民講座に申し込んでみましたが・・・

どうなることやら。

この単調な生活に週に1度のお出かけの予定が組み込まれることで
生活の新たなリズムが作れるといいなと期待しています。