FC2ブログ

Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 この1年間の貯蓄の変動を見て・・・。

 カテゴリを変更したときから

今後はあまりお金の話を書くこともくなるかなーと思って
家計簿を載せる以外は、以前のようにマメに書かなくなりましたが
たまには書こうかな?という気分になったので書きます(笑)

過去記事を知ってるかたはご存知だと思いますが
わたしは家のお金すべてを
マネーフォワードで管理しています。
現金も、銀行預金も、投資や保険、登録できるものはすべて。

あえて月額料金のかかるプレミアム会員で利用していますが
クレカでの買い物が大半&ズボラな自分にはぴったりのソフトで、
大変お世話になっています。

この家計ソフトのいいところは、月々の家計簿だけでなくて
年間収支やら、投資の評価額まですべてデータが自動取得されて
いつでもどんな集計でもできるところにあるのですが

昨日、暇ぶつしにこのあたりの記録を見ていたら
ちょっと驚くというか、現実を目の当たりにしてびっくり。

あえて公開しますが(※画像は推移のわかるグラフ上部だけトリミングしてます)


 shisan170910_20170910170206809.jpg  


↑これ、去年の9月からの1年間の我が家の銀行口座の預金のすべてなんですが・・・

なんと去年の9月と今年の9月で残高がほぼ同じ・・・!
毎月定期積立しているのに、まーーーーったく増えていないという・・・(゚д゚)

その元凶は言うまでもなく教育費・・・。

息子の教育費については大学入学までに貯めておいた貯金を
取り崩す形にしていますが、

実際には大学の授業料だけでなく、
国民年金保険料やら、息子が乗る自動車の保険料・税金・車検代まで
もろもろ負担するお金が結構大きなダメージです。
今年は大学院への入学金もあったし・・・トホホ。

毎月決まった金額の定期積立をしてはいるのに、
もともとある年間支出(税金など)に+αで息子にかかるお金が多いので

こうして「貯蓄全体」としてみたときには、
トータルでは、全く増えてない現状にガックリきます。おそるべし大学教育費。


それに対して、保有している株式の状況を見ると・・・

 Screenshot_2017-09-09-07-27-07_20170910163316661.jpg  

こちらは、この1年ほぼノータッチでほったらかし(新しい株も購入していない)なのに
なぜか増えている。


いや、なぜか・・・なわけはなくて
単に株価のほうが勝手に上がって含み益が膨らんでいるということですが。


投資のチカラってすごいな、と思いました。

わたしの場合は、アベノミクス前に購入してほったらかしにしていた持ち株が
ありがたいことに今こういうことになってるだけで、
決してこまめな売買で増やしたわけでもなんでもありません。

投資の含み益によって水増しされた金額はあくまで「含み益」であり
売らない限りは確定利益じゃないので
これをそのまま資産として考えるのはとてもアブナイことですが

現在の我が家のように、
仕送りしながら捻出するわずかな貯金を貯めても貯めても、
一向に増えてないという現状を思えば

これらは気持ちの上で大きな支えになっていることは間違いないです。
投資やっててよかったなと、支出の多い今だからこそしみじみ思いました。


ちなみに、ついでだから載せておきますが
投資信託の積み立てもやってます。
こちらの1年間の推移はこんな感じ。

Screenshot_2017-09-09-07-27-25_201709101643099a9.jpg   

毎月積み立てているので、基本的には増える方向にありますが
ところどころガクンガクンと下がっているのは
ある程度利益がのってきたところで売っているからです^^


株の場合は、配当金をもらうのが目的なので、評価額がどうなろうと
わりとどうでもいいのですが(笑)
投資信託の場合は、売らなきゃ利益にならないため・・・
ずーっとほったらかしにしておくと、
大きく膨らんだはずの含み益が、経済状況によってしゅるる~としぼんでしまって
「あのとき売っとけばよかった」ってことも起こりうるんですね~。

なのでわたしは利益が膨らんできたら
一部を売却する(でも積み立ては続ける)・・・という形にしています。



こちらも、貯金が増えない中
コツコツ検討してくれています。ありがたいこと。


なんだかこうして見比べてみるとおもしろいなーと思ったので
ちょっとブログに載せたくなりました。


この夏、わたしが仕事を辞めたことだし、
今後1年半は、貯金トータルが「現状維持」どころか
間違いなくマイナスになるだろうなーと思っていますが

まあ、そこのところはどうあがいてもしょうがないし
子供を育てていれば誰もが通る「支出ピーク」なので
そこを耐えて乗り越えてから、老後までのラストスパートとして
頑張ればいいか・・・と、
今はあまり欲張らないでいます。


どうかなんとかなりますように!・・・(;^ω^)