Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 おかげで気持ちはサバサバだ。

 詳細は書けませんが、刻々とわたしの退社の日が近づいています。

たかがパートとはいえ
長く長く続けた仕事だし、難しい側面もたくさんあった仕事でした。

前任者の方から、駆け足で引継ぎをしてもらったけれど
実際にひとりでこなさなければならなくなったときには
不安いっぱいで、家にマニュアルを持ち帰ってまで
仕事の予習復習したほどに。


その甲斐あって、1年目から職場で重宝されるようになったけれど

それはいつしか、自分で自分を精神的に追い詰めるものに。
自分の仕事ぶりを評価されたくて

100%でいい仕事を、120%くらいに仕上げることを
目標にしてしまうようになったので、

それが周りの期待値を上げる結果になり
年々、自分に小さなストレスを蓄積してしまったのでした。


内側には、イヤな思い出をたくさん溜めているけれど
ここで得られたものも確かに多かったので

辞める日が1日、また1日と近づき
カウントダウンが始まった今、

この職場から、この仕事から離れがたくて

ちょっぴり心しんみりしてしまうんじゃ・・・・と思っていました。



































そんなものは幻想でしたね。


いまやもう職場の雰囲気は最悪。

ドロドロと濁り切っていて、負の感情しか見えない状態。

そのうえ、今月やらなくてもいい仕事を
「今のうちにやっておいてもらおう」とばかりに
いろいろ頼まれて、この期に及んでイライラが募るばかりだし(*`・з・´)


今となってはもう、1日も早くあの場所から遠ざかりたい思いでいっぱい。


でもよかったと思ってます。
最後に妙に気を使われたり、優しくされたりしんみりされるよりは

最後の最後まで、イヤな面を連日見せられて
うんざりして辞めることになるほうが、

何の心残りも寂しさもなく、去れそうだから。

今はもう、職場にいる自分のことを
別の角度からもう一人の自分で見ているような

なんというかすでに気分は「部外者」になっているので、

これまで自分はこんなによどんだ空気の職場で
仕事をしていたのか・・・と、驚きすら感じています。


退社後は、こっそり携帯番号も変えて
メール以外の職場からのコンタクトは拒否することも決めています。

もともと公私問わず、電話はかけるのも受けるのも嫌いなのです。
特にこちらの都合おかまいなしに鳴るのがね・・・(汗)




ああ早く、身軽になりたいです。

あともうひとがんばり!