Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 傷病週間。

金曜日、夫がようやく仕事の一区切りをつけられたので
整形外科へ行ってきました。

昼間、「診察はどうだったかなぁ」と気になりましたが
夫のことなので、たぶん電話などで聞いたところで
詳しく教えてくれないと思ったため、夜の帰宅を待つことにしたのですが・・・

「ただいまー」

と帰ってきた夫は、聞くまでもなくあきらかに見違えるほど軽快な足取り(笑)

そして、

「なおったぞ!、ほらっ(膝を曲げ伸ばししてみせる)」


もうびっくり。

検査の結果、膝の骨には異常はなく、
やはり重労働の負担が膝にかかりすぎたことによる水腫だったそうです。

で、

「水抜いたほうがいいですよ」と言われたので
おとなしくやってもらったところ
(↑本当は注射がものすごく苦手な夫w)


太い注射器3本分も水が溜まっていたらしく

「これだけ溜まると相当痛かったでしょ?」と、先生も苦笑だったそう。


わたしは経験がないし、夫も当然初めての経験だったのですが

水を抜いただけで、ウソのように痛みがなくなって普通に歩けるようになったそうです。


そして、
わたしが心配して気遣っても、

「大丈夫大丈夫」と言っていたくせに、

「実は全然大丈夫じゃなかったんだ(笑)
あまりの痛みに夜も全然眠れてなくて、痛みを我慢しながら寝てたし。」

と白状する夫。

やーーーっぱり。


ともあれ。夫の表情も明るくなったし、本当によかったです。


・・・・と、これが金曜日の夜のお話。

このあと、夕べ遅くに一人暮らしをしている息子が2ヶ月ぶりに帰省してきました。
中途半端な時期ですが、真冬物の衣類を取りに来たのと、
彼女との久しぶりのデートのための帰省のはず・・・・

だったのですが


なんと今朝(土曜日の朝)、倦怠感と寒気を訴えて起きてくるので
まさかと思って熱を測らせてみたら

38.5度の発熱・・・・!( ̄∀ ̄*)

当然、今日のデートはキャンセル。
そして、時期的に
万が一インフルだったらいけないので、病院へ送迎するわたし。
(幸い、ただの風邪でした)


たまに息子が帰省すると、普段の自分ペースの生活が崩れて
なんとなく気疲れしてしまうのに、
よりによって病人になってしまったものだから、2割増で手がかかる事態に。

のどが痛くて固形物がつらいというので
おかゆ作ったり、りんごすったり、ゼリーやらポカリやら買ってきたり・・・と、
普段の帰省以上に疲れました~~。


まあ、息子本人が一番かわいそうですけどね。

ベッドの中で


「はあぁ・・・オレ・・・・何のために帰ってきたんだろ・・・・」


って、嘆いてましたから(笑)


明日はもうアパートに戻らなきゃいけないわけなので
確かに、「何しにきたの?」な状態ですが・・・・(→o←)ゞ

考えようによっては、一人きりのアパートで寝込むより
実家のときでよかったじゃん・・・って

・・・そんなふうにしか慰めようがないですね(汗)
(実際、きっと病院にもいかず、何も食べずにずっと寝てるだけだったと思うから)


そんなこんなで、
先週末から今週末まで・・・・

この1週間、振り返ってみれば
夫の膝悪化と、帰省して熱出す息子・・・・で、
傷病つづきの1週間でした。


本当に偶然のタイミングですが
月曜日に仕事を休みにしているわたし。

今日明日、のんびり出来ない分
月曜日にリフレッシュしたいと思いますー。


とりあえず、明日予定通り帰れるように
息子の熱がさがりますように!

★ランキングに参加中です♪