Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 これはハマる。

行ってきましたよ。

おひとりさまハイキング!!


一応、あんまり場所が特定されない画像を貼りますが^^;

あ、この場所知ってるーという人がいても、知らん顔しててくださいね(笑)


一応、初心者向けハイキングコースだったのですが・・・

ネットでの(実際に歩いた人の)情報では

「不慣れな人でも大丈夫」

と書かれていたから安心して歩いていったのに・・・
100mも歩かないうちに、舗装された道はなくなった・・・( ̄∀ ̄*)

P_20161116_101106.jpg


この画像の道はまだ序の口。

このあと、

あのトレッキングシューズがそりゃもう、大活躍しました。
・・・というか、この先は
トレッキングシューズじゃないとコワくて歩けない場所の連続。

崖というか、岩ゴロゴロというか、
ところどころ、手をついてよじ登る場所もたくさんあり・・・。

道として整備されていないルートもあったため
「こっちでいいんだよね?」と迷う箇所もいくつかあり・・・
(平日で人が少ないので、前後に誰もいない状況で歩いていたし)

実は歩き始めはipodをイヤホンで聞きながらウォーキング感覚で歩いていたのですが・・・
平坦な道でも、そこらじゅうから木の根っこや岩が隆起しているので
ipodに気をとられていると、ひっかかって転ぶ危険大。

これは集中しなきゃ危ない!と思い、
ipodは外してリュックの中にしまいこみ、
あとはひたすら、転ばないように、落ちないように(←崖だらけ)

足元ばっかり見て登ってました。
そう、「歩いてた」ではなく「登ってた」が正解・・・・(笑)


こんな崖やら岩場を歩いて登ったんですよぉぉぉ~~~!と
お見せしたいところなのですが

なんとわたし、その崖道の画像を全然撮っていなかったことに
頂上にたどり着いてから気づきました。

そのくらい、途中から余裕がなくなって、
「あと何百メートル」ってことばっかり考えてたわけです。

毎日ウォーキングをしている成果か、
足腰は全く疲労も痛みもなくしっかり踏みしめることができたのだけれど

ひたすら、整備されてない岩道を登り続ける状態だったので
マラソンをしているかのような心拍数の上がり方で
苦しくて苦しくて(笑)


そんなにがんばらなくても、休憩すれば・・・と思うでしょ?

ところが、休憩スポットらしき場所は、2箇所しかなく、
あとは、すれ違うのも大変なくらいの狭い道ばかりだったので、

いったいどのタイミングで休憩したらいいのかすら、決めきれず
すれ違う人や、後ろから登ってくる人たちの邪魔になってしまう!と思い、
腰を落として休むこともできなかったのです~~(汗)

こういうところが、初心者なのでしょうね~。


後半はもう、ゼーゼー倒れそうになりながら
ひたすら登り続けること1時間・・・。


そして、無事に頂上まで登ったときの、信じられないくらいの爽快感。

まぶしい紅葉。

kouyou1116.jpg   


 一気に疲れが吹き飛んで、本当に風が心地よくて。


家から持参したおにぎりを食べて、頂上からの景色を眺めながらしばしぼんやり休憩。


今月は、もう1日休みを取っているのですが
ヘトヘトになりながら登ってきたにもかかわらず、

もうすでに「次の休みはあそこに行こう!」と、考えてる自分がいました。

ハマってしまったかも・・・!


なんというか、ストレス解消にもってこいというか。

先にも書きましたが、

何か考え事をしながら歩けるような道ではなかったため
歩くことにひたすら集中していて、
余分なことを考える余裕がないのが、とってもよかった。



帰りは、上がってきた道とは別の、
遊歩道的な易しいルートから下山。

道もひろーい!

体力的には下りはラクだけど、勢いあまって転びそうなので
ブレーキかけながら歩く感じで、これはこれで慎重になる分、疲れました。

fukuro1116.jpg



往復で、だいたい2時間弱かかりましたー。

でも、すごくすごく楽しかった!ひとりで黙々と歩いている間は
なんだか修行のようだったけど、その時間自体にワクワクしている自分がいるというか。


山登りにハマる人の気持ちがチョット分かった気がします。


そうそう。女性一人で歩いている人も、普通にたくさんいました!
20代くらいの、いわゆる山ガールだったり、60代以上と思われる女性も数多く。

おひとりさまで楽しめる趣味という意味でも、
ハイキングいいなぁ~って思った1日でした。


次は月末に別の場所にハイキング行きますよ~☆

★ランキングに参加中です♪