Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 大人げない感情。

ご近所さん・・・というか、お隣さんのことをブログに書くと
身バレリスクがありそうで危ないかなと思って
ここには書かないようにしていましたが

よくよく考えてみると、お隣さんは若いご夫婦なので
こんなおばちゃんブログを見るはずはないし、
まあいいかーと開き直ることにしました。

お隣の若い夫婦には
おそらく小学2年生くらいじゃないか?と思われる男の子がいますが

そのボクが、今年の春先から庭でサッカーの練習をするようになりました。
毎朝、毎夕です。

最初のころは、小さいのに偉いなぁと思っていました。

しかし、お隣と我が家の境には低いフェンスしかないため、
たびたび、サッカーボールがうちへ飛び込んできます。

最初のころは、フェンスを乗り越えてこそこそとボールを取りに来ていました。
あまり気持ちのいいことではありませんが、
小さな子のすることだから・・・と、黙認するようにしていたら

夏ごろから、ボールが飛び込むたびに、うちのチャイムを鳴らして

「ボールはいっちゃったんですけど」

と申告しに来るように。

今まで勝手に取っていたものを、なぜいまさら?と不思議でしたが
おそらく、それが親に見つかって、叱られたんじゃないかなと思われます。


たまのことなら、「ハイハイ、ちょっとまってね~」と笑顔で言ってあげられることですが

これが毎日、しかも朝は早朝6時半とかに「ピンポーン!」と来られると・・・

おいおい、ちょっとかんべんしてくれー

という思いです。

こんなことが毎日続いたので、夫がたまりかねて

「いちいち言いに来なくていいぞ。自分で勝手に取っていけ!」←もちろん笑顔です

と言ったところ・・・・それからしばらくは、
また勝手にボールを取りに入る日々が続きました。


当たり前のようにフェンスを乗り越えて庭を横切っていく姿を見ると
小さい子のすることとはいえ、なんだかなぁ・・・と思ってしまう心の狭いわたし。

けれど、いちいちチャイムを鳴らされるよりはマシか・・・と耐えることに。

ところが、

最近になってまた、どういうわけか毎回チャイムを鳴らすようになりました。
(また親にみつかったのかもしれません)

先週末の午後、ソファで昼寝をしていたら、

またしても「ピンポーン」とチャイムの音。

宅配かな?と思ったら、インターホンのモニターを確認すると
お隣のボクが映っていたので

またかよ・・・・と、めんどくさい気持ちMAXに・・・・。

それで、居留守つかっちゃえーと思って、知らん顔していたら・・・
(どうぞ勝手にボール取ってください、という気持ちで)


なんと

ガチャッと、玄関ドアがあいて


「すいませーーーん、
ボールはいっちゃったんですけどーーー」


と男の子の大きな声。



ハイ、居留守失敗・・・。



平和主義で、波風立てたくはないので、
その子の親御さんに不満を訴えるようなことは絶対にしない予定です。


けれど、最近ではボールのトントンと蹴ったり壁に当てたりする音が始まると
ハァー・・・と憂鬱な気持ちになるので

なんとか親御さんが気づいて、
ボールが入らないようにしてもらえないかなあ・・・・と、毎日念を送っています(汗)




とりあえず、
昼寝するときは居留守を使えるようにちゃんとカギをかけることにしましょう。(そうじゃない)





★ランキングに参加中です♪