Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 50代は自分のために生きる。

仕事を辞めたいということを、定期的にボヤいてしまっていて
不快に感じた方もきっといたのでは?と思います。

ホントにごめんなさいです。


そんなわたし。


これまでにないくらい、辞めたい気持ちが高まっていて
それでいて、辞める決心がつかなかったので、

どんな選択肢があるか?をまず考えてみたのですが・・・・


①今すぐ仕事を辞める→もう働かない

②今すぐ仕事を辞める→別の仕事を探す

③ギリギリ頑張れるところまで頑張って、辞める→その後は働かない



自分の中で、選べる選択肢はせいぜいこの3つでした。


そして、その3つの選択肢を選んだ時の、
それぞれのメリット・デメリットを書き出して考えてみた結果・・・


わたしにとっての一番いい選択は③だな・・・という結論に至りました。

辞めたい気持ちはやまやまだけれど、
息子へ仕送りをしている状況を考えると
経済的な問題から、もう少しがんばったほうがいい、

職場に対しても、今すぐ辞意を伝えて波風立てるより
余裕をもってジワジワ計画を進めたほうがいい・・・と。


それで、仕事の流れを踏まえたベストタイミングを考えた結果・・・・

再来年の3月をメドに辞めると決めました。

あくまでまだ、自分の心の中で・・・の計画ですけどね。


そうやってゴールを決めて、「どうせあと1年半だ」と思えば
なんとか頑張れそうだなと、

意外にも、気持ちがスッキリしてた感じですヽ(´∀`)ノ



50代でも、60代でも、
働くの好きだからがんばるよ、という女性も数多くいらっしゃると思いますが

わたし個人としては、
50代で働くイメージがどうしても沸きません。


わたしの母親は、52歳のときに悪性リンパ腫で亡くなりました。

もっとさかのぼると、
50歳前後で更年期症状をきっかけに、重いウツ病になり胃潰瘍になったり・・・
さまざまな体の不調で
病院通いが途絶えない生活となり、最終的にリンパ腫。

51歳で診断を受けてから、わずか10カ月で逝ってしまいました。

50歳になるでは、風邪で寝込んでいるところすら
見たことがないくらいの、病気に無縁な健康的な母だったのに。

当たり前に、これから第二の人生が始まるところだったのに。
何一つ、楽しむことなく・・・。


そんなことから、

「50を過ぎたら、いつどんな病気にかかるかわからない。
老後、老後なんて言ってても
母に”老後”がなかったように、わたしだってどうなるかわからない」

という凝り固まった意識がどうしても頭から離れず

子育てが終わったら、後はもう
やりたいことを楽しんで、自分のために生きる!!

と、そういう目標でこれまでやってきました(^^)


なので、今の職場がイヤだからといって、
仕事を変えてまで、働き続ける選択肢はもうないかな・・・。


残りあと1年半。
状況がよほど自分にとって都合よく好転しないかぎり、あと1年半。

たった1年半がんばればいいだけ!


そうやってゴールを区切ったので、
もう、迷わず(文句は言うけど) がんばって働き続けようと思います。



ただし、イヤだとイヤだという気持ちを隠しながら仕事をしているので、


最近、ちょっと職場での表情が”カオナシ”みたくなってきてるのが
少々ヤバイですけどね(笑)


もう迷うまい。



★ランキングに参加中です♪