Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 だからやっぱりクレカ払い派。

最近全然、お金についての話を書かないのは、
わたしにとって、そういう話題は結構手間がかかって
エネルギーを使うから。

なので時間と心のゆとりのあるときじゃないと
なかなか書こうという気持ちが起こらなくって^^;


ちょっと今一区切りついたところなので
久しぶりに。


クレカの話ですけどネ。


うちは漢方スタイルクラブカードと、dカード・・・・
2種類のクレジットカードを使い分けていますが

dカードについては、去年の夏にゴールドカードへと切り替えました。

うちは夫と息子がドコモユーザーなので
ゴールドカードを保有していると、何かとお得だと判断したからです。


それでほぼ1年経過するので、
一体この1年でどのくらいポイントが貯まったかをチェックしてみます~。



dpoint1608.png


こんな感じ。


実は・・・・本当は右側の期間限定ポイントは9,000ポイントありました。
(※ゴールドステージユーザーに対してもらえるボーナスポイント3,000×家族3人分)

なので実際には1年で36,000ポイント貯まっていたのですが
期間限定ポイントだから使わないと~~ということを家族に言ったらば
夫と息子がコンビニでの買い物にポイントを使ってしまい・・・こんなことにw





我が家の場合、ゴールドカードの年会費は、
主契約+家族カード分なので約12,000円なのですが

それを差し引いても、2万円以上のお得になったという結果に大満足です。


ゴールドカードは家族3人で保有していますが、
基本的にはわたし名義のネットショッピングや、
普段の買い物にしか使っていません。
(固定費はほとんど漢方スタイルクラブカード)


それなのにこんなに貯まった理由は、

*ドコモユーザーの場合、携帯料金の10%のポイントがつく

*自動的にゴールドステージとなり、ステージ優遇ポイント3,000円分がつく
 (家族カード分もつくので、3人×3,000円=9,000円分!)


この2点が大きいと思います。


もちろん、

「いや、そもそもドコモの料金高いんだから・・・」

という意見も当然あると思いますが(汗)

我が家の場合は、夫と息子のスマホについては諸事情から
格安スマホに切り替えるのが難しいため
(※わたしのみ、格安スマホで孤軍奮闘です)

この条件下で少しでもお得になることを、と思ってこういう選択をしています。


あ、格安スマホについてちょっと書きたいことが出てきちゃいましたが

話が逸れていきそうなので、
これはまた次にしますね^^


メインカードとして、固定費の支払い中心に使っている
漢方スタイルクラブカードでも、
去年1年で3万円分のポイントを貯めることができているので、
(すべてキャッシュバックに使用)

我が家の場合で、
クレカを積極的に利用することで、

年会費を差し引いても5万円以上還元されている計算となり、
本当に大きな違いだなぁ・・・・と実感しています。


そうそう

今日このタイミングでdポイントについての記事を書いたのは・・・


息子が近々機種変更するのに、
このポイントを全部使う予定だからです(-∀-)


なので、ポイントが0になる前に記事を書いておかねば、と思いました^^;


ゴールドカード保有者に送られてきたケータイご優待券
合わせて値引きに使わせる予定なので、

ざっくり45,000円ほど値引きに使える予定。大きいですよねー。


dカードでポイントを貯める最大の目的は
夫と息子の機種変更を少しでもお得にするためだったので、

これも予定通りです。



そんなわけで

わたしのほうはまた、
新たに1年かけて、ポイントを貯めていきたいと思います~。


★ランキングに参加中です♪