Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 支えられている。

夫が2泊3日の出張から帰ってきました。

わたしはその間、おひとりさまを満喫させてもらってしまいました。



出張といっても、
夫の仕事はいわゆるブルーカラー。


泊まりで仕事へ行くというときは、遠くの現場で
朝から日が暮れるまで、この暑さのなか、
1日外で肉体労働をすることを指しているので

帰宅したときは、顔から体から、疲労がにじみ出ています。

でも、我慢強い人なので

愚痴ひとつ吐きません。


帰り道、露地栽培でスイカを売っていた、
きっとお前が喜ぶだろうと思ったからと・・・と、

わたしの大好物であるスイカをぶらさけげて帰ってきてくれた夫。


足をひきずりながら・・・・。


数年前から
仕事が原因で、膝に慢性的な炎症を抱えているため、

内勤が続くときはいいのだけど、
今回のように数日、肉体労働が続く日があると
膝の痛みが悪化するようで、とてもつらそうに。

だから現場仕事へ行く日には、ワイヤー入りの医療用膝サポーターがかかせない。


でも、

それでも

膝が痛いとか、つらいとか、自分からはほとんど言わない人。
大丈夫?と言っても、
「これはもう職業病だから、しゃーない。」と、笑う人。


わたしや息子が

好きなことをさせてもらえていることも
経済的な不安を感じなくてもいい暮らしをさせてもらっていることも


すべて


この働き者の夫の頑張りがあるからこそ。



汗でべったりと湿りきった夫の膝サポーターが、
不満も愚痴も言わない夫の代わりに、

炎天下での夫の仕事のハードさをわたしに教えてくれる。


それを洗面所で手洗いして、明日また使えるように干すわたし。



きっとしばらくは、膝がかなり痛むのだろうな。
(本人は言わないけど、階段の上り下りもつらそうなのでわかる)




どうか痛みが少しでも早く
楽になりますように。


★ランキングに参加中です♪