Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 わたしに友達が少ない理由。

最近、つくづく自分には友達が少ないなと感じるようになりました。

家族と職場以外で一番最近”リアル”でプライベートの話をした相手といえば
行きつけの美容院のスタイリストさんしか浮かばない。(←今月行った)

その前は誰だろう・・・?と考えると、



やっぱりそのスタイリストさん(4月)だったことに
我ながら驚愕してしまいました。


スタイリストさんといっても、
もう10年来のお付き合いなので、

いわゆる”美容室での場つなぎ的なうわべの会話”とは違って

結構、お互いの細かい話をします(笑)


「この間言ってたアレ、どうなりましたー?」

という感じで話が常に動いており、
本当に気を遣うこともなく、
わたしにとって美容院は苦痛ではなく、
仲良しのスタイリストさんなので、純粋に会話が楽しいです。


しかし、いくら仲良しだといっても、友達ではないわけで・・・

そう思うと、わたしはあまりにも他人と関わらな過ぎだろう。


でも、淋しくはない。


一人が楽だと思ってしまう。



とはいえ、”今日は友達とランチを楽しんできました~”いうような
よそ様のブログ記事を読むと、


いろいろ深く考えずに、楽しい時間を共有する相手がいる人のことは
やっぱり素直にうらやましいなぁ~って思う自分もいます。


誰だって、いろんな経験をして
大小それなりにスリ傷、切り傷作りながら
大人になっているに違いないけれど

自分の歴史を振り返ると
わたしはあまりにも人間関係につまづきすぎました。


■中学生のとき
 兄がイケメン男子3人と親友だったことから、
 わたしは”妹”特権で相当かわいがられていた。
 が、それを妬まれて
 部活で先輩に目を付けられて集団無視のいじめに遭う。(先輩→同級生へ波及)

■高校生のとき 
 恋愛トラブル(誤解)から、 仲良しグループの中で孤立&無視される。
 一応、和解はしたけれど、自分の中ではこのころから
 ”相手が笑っていても、心の中ではどう思われているかわからない”
 友達関係で消極姿勢になるトラウマに。

■会社員時代
 同期で入った女子3人組だったけれど、2:1で所属が分かれ(わたしが1人)
 彼女たちは暇で気楽な部署、
 わたし一人が忙しくて大変な部署になり(でも、とてもやりがいを感じていた)
 定時で帰れないのが当たり前になってきて、関係が次第にギクシャク・・・。
 「どうせわたしたち暇だし~」
 「なんかひとりでマジメに頑張っちゃってバカみたいだよね」と
 更衣室などで聞えよがしに陰口叩かれたり、
 二人でわたしをジロジロ見てはヒソヒソ→クスクスと(←女子、あるある)
 毎日続いて、耐えられなくなり体調を崩して退職。(転職)


■ママ友時代
 いろいろありすぎて、もはや簡潔に書けない。
  決定的に人と深くつながることが怖くなった。




小学校時代は間違いなく天真爛漫なハイジみたいな女の子だったのに、

こうして、大人へ成長していく過程で
何度も人間関係で悩み、苦しみ、

そして、傷つくたびに確実に心の扉を閉じてきたんだなぁ・・・って思います。


過去のトラブルによる一番の弊害は


もしかしたら、自分に何かしら問題があったから
こんなにも友達関係で傷つくことが多かったのでは???


わたしって、自分では普通の人だと思っているけれど
そう思っているのは自分だけで

本当はすごくイヤなやつなのでは?

など、自分に自信が持てなくなること。


実際、自分に自信がありません。



この歳になっても友達づきあいが疎遠にならずに盛んな人って


ある程度自分からどんどん声をかけていける人だと思ってます。


「会わない?」「会おうよ~!」って。


わたしにはそれができないんだな。

「誘われたら迷惑じゃないか?」
「そんなにわたしと話したいとは思ってないかもだし」


など、ネガティブなことが先に頭に浮かんで
自分から声をかけられない習性も、


たぶん、これは全部過去のせい。



一人でいる時間が好きだし、一人が気楽と思っているけれど
誰からも「会いたい」「話したい」と思ってもらえない人なのかもしれない思うと
それはそれでやっぱり淋しいという本音もあります。



ま、そうやって

いざ会ったら会ったで


「わたし、よけいなこと言わなかったかな。
相手がイヤな気持ちになること、言わなかったかな」



と、あとからいろいろ自分を振り返って
気になってしょうがなくなるんですけどね(笑)


将来、専業主婦に戻ったら

自分の趣味だったり、興味のあることだけで
誰かとつながって、誰かとおしゃべるできる場所があれば

なんだかそれで十分かなと思っているわたしです。



ああ~~ヤバイ。話が暗すぎますか?

そんなことないのですよ。

日々、楽しく過ごしているのですよ。


ただ、これも わたしの一部分というだけのことです。


★ランキングに参加中です♪