Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 GW中の父と兄のこと。

だいたい月に2回くらい、実家の父を訪ねていますが、

この連休中にも、ちょっと顔出さなきゃなぁ・・・と思い、
特に連絡もなしに実家へ行ってみたところ

朝8時という早い時間にも関わらず、
父の車が駐車場にありませんでした。

せっかく来たのに外出中か・・・・
まあ、それならそれで後日出直せばいいや、と思い
特に「どこにいるの?」と父に連絡することもなく
そのまま自宅へUターンしたのですが・・・・


夜になって、

「今、A男(兄)と一緒に○○に来てるよ。」

と父からLINEが届いてびっくり。


某観光地まで、兄と二人
泊りがけで車で出かけているというのです。


それを聞いて真っ先に頭に浮かんだ言葉は


「またか・・・」


でした。

ブログでも時々触れているとおり

父は”気難しい”だなんて生易しい表現では足らないくらいの
「王様気質」な人で・・・・^^;

常に自分のことしか考えておらず、
自分の価値観を押し付けたり、
人の気持ちや言動を「こうに違いない」と決めつけて、
絶対に譲らないし、また
それを否定されることを絶対に許さないような父親。

そして、思いつきで家族を振り回すことも・・・・・。


これまでにも、東京に住んでいる兄を
ある日いきなり

「今日と明日、東京へ行くから泊めてくれ」

と当日の朝、電話しておしかけたり

「お前、明日暇だろ?(←都合も聞かず)鎌倉へ行きたいから付き合え」

と、兄の都合も聞かずに勝手に二人で観光することを決めていたり・・・・


そういう前科が多々ありました(汗)


そんなエピソード数知れず・・・・なので

ああ、今回もまた突然兄を旅行のお供に連れだしたんだな・・・
それにつきあう兄も本当に辛抱強いなぁ・・・と思い

兄のほうへこっそりと

「お父さんと二人で旅行だなんて、大変だねぇ~。」

と同情を込めたLINEを送ったところ・・・


「いや、今回はオレから誘ったんだよ。」


と、思わぬ返事が来てさらに驚くことに。


なぜーーーー?とびっくりして事情を聞いてみると

兄にとってみたら、
実家に帰省したからといって、
父とそうそう会話が弾むわけではない(それはわたしも同じw)
いい歳の父と息子、二人だんまりで数日過ごすよりも

どこか出かけてるほうが間が持つというか、それなりに話題もできるし、
父も上機嫌になるので、そのほうがマシだと思ったので

前もって宿の予約を入れておき、父を誘ったのだそうです。


行く先々で、「やっぱりね」と言いたくなるような
自己中だったり、急に不機嫌になったり、など
いろいろ大変なこともあったようですが、

「まあ、いつものことだから」と、兄。


わたしには絶対にできないこと・・・・。

正確に言うと、親孝行と思って、
過去に息子と父と3人で旅行に行ったときに

「二度と父と旅行に行くものか(*`ω´*)」

と、固く誓ったほど(笑)
わたしにとっては、
父と24時間以上一緒に過ごすことは耐えられないことなので・・・


兄のこういうところは本当に尊敬してしまうのです。

「自分は父親にこんなにしてやってるんだぞ」というふうに
自分のやったことを、恩着せがましく話したり、自慢することがないし。

それどころか

いつも淡々と、

「近くに住んでるお前のほうが、大変だろうと思ってる。
オレできるのはそのくらいのことだから」

と言っておしまい。


兄は


決して器用ではないし、イケメンでもないし、
弁の立つ人でもないけれど


思い返してみても


兄はいつも、どんなときも冷静で

穏やかと言うよりは
どこか、ひょうひょうとしていて


父に対する不満はわたしと同じように持っているにもかかわらず
でも、わたしのように

「お兄ちゃん!ちょっと聞いてよ!お父さんたらさぁ~~~~」

などと、ギャーギャーと騒ぐことはなくて
(※兄にだけは、本音を話せるのでいつもつい・・・)


わたしには二度と耐えられそうにない、父との旅行に
我慢して、黙って付き合ってくれる兄は


やっぱり、尊敬に値するなぁ・・・と思うのでした。


ゴールデンウィークは、兄ががんばってくれたおかげで
わたしは父のところへ行かなくても済んでしまった分


明日はわたしが、話し相手になってこなくちゃいけませんね。


★ランキングに参加中です♪