Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 地震の映像を見て。

夕べ、テレビで地震についての続報を見ていました。

どこの局だったか?も覚えていませんが

「今後1週間以内に震度6以上の余震が起きる確率は20%くらい」

と言っていました。

それを聞いて

”ああ、そのくらいの確率なのか。もう大きいのが来る可能性は低いのか。”と

思いながら、テレビを消してベッドに入ったので
間違いありません。



それが、朝起きて見たら、
昨日の朝よりもずっと、深刻な事態になっていて

いったい夜中に何が起きたんだ??と、もう本当に驚いてしまいました。

そんな中、

「震度7の地震のほうは前震でした。ゆうべのが本震だったと思われます。」

という報道を聞いて、あんぐり。


専門家の言うことを批判するとか、
そういうことではなく


結局、いつもいつも地震のときって

起きてしまってから、あとづけで

「あれはこういう地震です、これはこういう理由で起こりました」

と解説されることの繰り返しなわけで・・・・

つまり、地震を予知するだなんて、到底無理なんだろうなぁ・・・と
天災の恐ろしさを思い知らされた気持ちになりました。



テレビに映る光景の中で、

東海大学の学生アパートが倒壊して11人の学生さんが
閉じ込められているというのを見たときは


思わず、息子と重なって怖くなり、涙が出てしまいました。

わたしの息子も、3階建てアパートの1階に住んでいるので、よけいに。
(当時、アパート1階はやめておいたほうがいいのでは・・・・?と
わたしが言ったのだけど
「階段がないほうがラクだから」と、その部屋を選んだのでした)


遠い実家にいる親御さんは、
あの映像を見て、きっと血の気が引いたことでしょう。

すぐにでも駆けつけたい気持ちになったでしょうし、
それができないもどかしさで、
いたたまれない気持ちになったことだろうと思います。

そういう親御さんの気持ちを思っただけで
ひとごとではなく、泣けてしまいました。



10人が助かって、1人が心肺停止とか。

どうかどうか助かって欲しいです。



そして、この地震が東のほうに移動しているという話も不気味で怖いです。


早く終息しますように。

安否不明の方々が無事に見つかりますように。


★ランキングに参加中です♪