Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 息子の新しい1年のスタート。

新しい年度がスタートしました。

わたし自身は何も変わらないけれど
職場のほうで、いろいろと変わることがあるので
それが若干憂鬱です。

社内システムだったりが、近々大幅に変わる予定です。
わたしはまあ、野生の勘でどうとでも順応できるつもりなので
自分のことは心配していないけれど
PCに疎い社長をはじめ、職場の人たちはきっとパニック間違いなし・・・。

それを手取り足取りお世話しなきゃいけなくなるんだろうなぁ・・・と
考えると、そのことが憂鬱で憂鬱で~(→o←)ゞ

たぶん、このこともあったりして
「辞めたい熱」が高まってるのかも。。。。

辞めたいというより、

とりあえず目の前の厄介ごとから
逃げたいと思ってるのかなあ・・・・わたし(汗)


でも、そんな中


いい知らせも届きました。


いや、実はよくわかってないけど、

わざわざLINEが来たということは
きっとイイコトなんだと思います。



息子から、


「第一希望の研究室に入れることになった」


と。



研究室配属は、希望の研究室に行けるかどうかは
成績順みたいな感じだったそうで
周りの成績がわからない分、

自分の成績で第一希望に入れるのかどうか?心配だったとか。
(自分の成績が全体のどのくらいの位置なのかはわからないらしい)

それが、希望通りになったのでホントよかったわー・・・と。



へーそうなの。ふんふん、と相槌打っておきましたが

そもそも母、研究室配属とか言われても
なんとなくしかわかっていませんけどね(笑)



ただ、息子は高専の研究室時代に
「多発性円形脱毛症」を発症しちゃったという過去があるので


卒研って大変なんだろうなあー・・・・

ま~たあのときみたいに
頭にクレーターぼこぼこ作ることになったら(←1個や2個じゃなかったの)
かわいそうだなぁ~・・・と、

ちょっと気にはなっていたのです。


もっとも、あのときの円形は
卒研だけが理由ではなくて、
おそらく同時進行だったバイトのストレスも
すごかったんじゃないかなぁ・・・と思っているんですけどね。


当時はバイト自体が初めての経験で・・・
よりによってハードな居酒屋バイトだったんですが

バイトリーダーとやらが、いつも不機嫌に威張っている性格悪いヤツだ、と言って
シフトが一緒のときは、ため息ばっかりついていたし、

また、バイト先自体がブラック企業だったみたいで、
自宅から自転車で10分という立地だったから入ったはずなのに

1ヶ月もすると、電車で片道30分もかかる店舗へ「ヘルプに行って」と
しょっちゅう言われるようになり・・・・

それも憂鬱がっていました。

とにかく、イヤでたまらなかったみたいです。


なので

初めてのバイトストレスと
初めての卒研の過労が重なって
円形脱毛症になってしまったんじゃないのかなーとは思っていますが・・・


研究室配属も


行きたい研究室に決まるか決まらないか?で
モチベーションもずいぶん違うはずだろうから


とにかく、4年生のスタートラインが
本人にとって、ワクワクできるものでよかったな、と


親としてホっとしています。


ただのウワサか事実か?
わからないけれど



円形脱毛症は1度発症すると、
再発しやすいそうですからね。


ストレスの種はすくないほうがいい。





そうそう、

バイトのほうも、今のバイトは
時給はそんなによくないけれど、
シフトの自由も利くし、職場の雰囲気がとてもよく
フレンドリーないい人ばかりなので
いつも楽しく働いているそうです^^


いろいろと順調で何より。


春休み終了の息子に


今日は物資の仕送りしました^^



また1年がんばれ。


★ランキングに参加中です♪