Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 他人の言動に神経をすり減らさない。

わたしのような人間は、
小さなことに腹を立てたり、小さなことに凹んだり悩んだりして
わざわざストレスを膨らませる傾向にあります。

そして、大抵のことは、
リアルで自分に近い人間であればあるほど、こぼせない傾向にあるので
ただひたすら、自分の中に溜め込む一方。

そんな自分がイヤで、
いろいろと試行錯誤して、”気楽に生きる”をいつも心がけるようにしてきました。


まあ、いきなり人間がガラっと変われるわけではないので(笑)
急に楽天家になったわけではないけれど

最近は、以前よりも比較的穏やかに毎日を送っている気がします。

自分を変えるために、
これならできるよね?というところを意識しているかな。

そのひとつが、

以前、「ほぼ日手帳」の話を書いたときに触れた

”ネガティブなことを手帳に残さない”ということ。


これは意外と効果アリ。

今のところ、誰かにふいに見られても困らない内容になってます(笑)
(・・・といっても、ウソを書いてるわけじゃない)

そして、負の感情を書かないようにしているので
前のページを振り返るのも楽しい。(これ大事!)

で、吐き出したい感情やつぶやきは、
あとから消せるスマホアプリの「日記」に記録。
(もちろん、こちらはパスワードかけてますよん)

あとから・・・といっても、何か月も後になって読み返すと落ち込みそうなので
1週間以内で消しますけどね。
そのくらいがちょうどいい。


あ、ちなみに日記アプリは「瞬間日記」というのを愛用しています。
スマホを使い始めたころからずーーっと。

「ひとりツイッター」みたいな感覚ですね。


そして、これらとは別に
去年あたりから膨らみ始めた、職場ストレスをなんとかすることを
自分への課題としてきたのだけれど・・・・


人間関係でイヤな思いをしているとかでもないのに
どうしてそんなに職場ストレスをためやすいのか?と考えてみると

それはたぶん、

「ありえない」
「気持ち悪い」
「(見てて)イライラする」
「理解できない」
「許せない」


そんな感情に翻弄されているところが多いからだと
今更ながら気づきました。


そして、そんな感情を抱く出来事の多くは

「わたしには何の関係もないこと」だということも。

もちろん、中には自分が迷惑するような出来事もあるので
「どうでもいい」で済まないことも多いのだけれど

少なくとも、
人のやることや、言うこと(主張)に対して
この人はなんでこんな考え方するのだろう?
なんでこんな言い方するのだろう?

って、勝手に感じて、勝手にイライラすることはかなり少なくなりました。

あーーー不愉快だなぁ・・・という誰かの言動が始まったとき、


「どうでもいい、どうでもいい。
この人がどんな考えでも、許せないことをしたって
わたしの生活にはなーんにも関係ないんだし。」


ということを、念仏のように唱えるのを習慣にしていたら


誰がどんな話題を振ってきても、
テキトーに受け流すことができるようになってきました。


冷静に考えたら、そんなの改めて考えるまでもないことなのだけど
その場にいると、どうしても頭に血が上るというか・・・
そういうことなんでしょうね。

常に自分が正しい、というスタンスで、他人のミスに厳しく、
口を開けば他者の批判ばかりしている社長のことも

優しい性格だけれど、うっかりミスが多すぎる、
若いのに向上心がゼロ、誰かに指示してもらえないと動けない
そのくせ、自分を守るためにすぐバレるウソばかりつく営業くんのことも

バレなきゃ何をやってもいいと思っていて、
自分が楽をするためなら、どんなズルいことも平気でする、
プライドばっかり高い、アラカン営業さんのことも



もう、どーでもいい。



と、スルーできるようになってきたぞい。



自分さえ、きっちり仕事すればいいのだーと。


ただでさえ、体も心も忙しいし、
悩みはひとつ消えてはひとつ浮かぶ日々なのに、


ほんの数時間、仕事と言う時間を共有するだけの
職場の人たちの言動に煩わされてしまうだなんて、
ものすごくバカバカしいことだと気が付いたから。



もっと、わたしもズル賢く、要領よくならなくちゃ、と
スルースキルを使えるようになってきた感じです。

あ、もちろん、やるべき仕事はきちんとやりますけどね。



この仕事自体は好きだし、

誰かにいじめられるようなこともないので(笑)

よそへ勤めようという気はサラサラありません。


まあ、息子の一人暮らしを支えるのに、今は月10万円必要なので
辞めるわけにはいかないんですけどね(汗)



辞める気がないんだったら、
上手く自分の気持ちをコントロールして、
ストレス溜めないようにするしかないありませんから・・・


これをきっかけとして、

他のことでも、うまくストレスを逃す方法を模索してみたいと思います。     




★ランキングに参加中です♪