Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 おせちの注文、や~めた。

毎年、この時期になるとお正月のことを考え
そうだ、おせちを頼まなきゃ・・・!と思ってきましたが

もう、来年のお正月から、
注文おせちを用意するのはやめることにしました。


本当はもっと早くに辞める決断をするべきだったと思います。(←チョイおおげさ)

でもやめなかったのは・・・・

正月三が日は朝昼晩とお酒を飲む夫が、
おせちをつまみにしてくれるので手間いらずだから、という理由も確かにあったけれど

一番大きかったのは

「おせちを1から全部手作りするだけのスキルと労力はないくせに、
元旦の朝は、テーブルの上を豪華に飾りたかったから」


という、ほぼ自己満足のためだけでしたね。


わたしの母親はおせち料理をほとんど手作りする人でした。

元旦の朝は6人家族が全員でそれを囲んで
「おめでとうございます」と言う、
まるで磯野家みたいな絵づらな家庭だったので(笑)


自分も「お正月とはそういうもの」という、刷り込みイメージみたいなものがあり

その形だけにこだわってました。ずーっと。

けれど、
もうそろそろ、我が家流にシンプルにしていいんじゃないかな・・・と
ここへきてやっと思えるようになってきました。


考えてみたら、我が家のお正月は
元旦の朝こそ、家族3人でおせちを囲むけれど

昼は夫の実家、夜はわたしの実家で過ごすので
おせちを食べるタイミングは、元旦の朝と、2日目の朝くらい。
(夫だけが2日目の夜まで、つまみ代わりにひとりおせちをつついている)

息子はもともと好きではないから、元旦の朝しか食べないし、
わたしもどちらかというと好きではないので、
2日目の朝につついたら”もういらない”って言うのが本音^^;

そんなふうに


注文するおせち料理の値段と見て・・・
それを買う価値がどのくらいあるのか?と、現実を思い浮かべたとき

いらないなーーーと。


ここ数年は、注文するおせち料理に1万円以上かかるので、

その分、それ以外に手作りする定番メニュー(家族が好きなお正月おかず)に
かけるお金をケチったりしていたけれど

これこそ本末転倒ですよね。

家族がモリモリ食べるわけでもないおせちに大金をかけるより、

多少おせちらしさにかけても、
注文おせちより品数が減っても
好物の食材のほうにお金をかけて、手をかけてあげるほうが
家族だってずっと喜ぶだろうに~~。

・・・・というわけで、
もうおせちは頼まないことにしました☆


その分、ちょっと贅沢なお刺身を用意したり・・・
そちらへお金をかけることにします。


ああ、こんなことを考えるだなんて


今年もあと1ヶ月なんですね・・・。(早すぎ~)

★ランキングに参加中です♪