Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 さて、コンタクトをつけて仕事に行ってみたら。

どうやら老眼が進んできたようで、
老眼鏡ではなく、遠近両用コンタクトで対策したいな、ということで
コンタクトレンズの処方をしてもらいに行ったのが約10日前。

すると、自分の予想に反して
遠近両用ではなく、乱視用のほうがいいですよ、ってことで
乱視用コンタクトお買い上げとなり

それをお試ししてきた1週間でした(^^)



ところが、想定以上に中距離~遠距離がぼやけていたので(その時の記事

これ、合ってないんじゃないかなーーーーー

とか

乱視用じゃなくって、単純に遠近両用のほうがよかったんじゃないのかなあーー?

とか

モヤモヤとした不安もあり、


これは・・・
ひょっとしてひょっとすると

まとめて購入した半年分のコンタクトレンズは
まとめて全部返品or交換することになるかも・・・・と

その煩わしさを想像するとちょっとユウウツにもなったのですが


どうやら、コンタクトってその日によって見え方が違う?ってことが
この1週間でわかってきました(笑)


たぶん、初日の異常なぼやけ具合は、
目そのものが疲れてたせいかもしれません。
(↑試したのは、仕事で目を酷使しまくった後の夜だったし)

2日目以降は、そこまで視界がひどい感じはなくなってきました。
あれ?昨日ほど違和感ないぞ?みたいな。

ただ、自分は乱視用を勧められたけれど、
老眼も少しはあるはずなので・・・

乱視用ではなくて、遠近両用のほうを試してみたら
実は意外ともっとしっくりくるのかも?という気持も多少ありますが
(もうちょっと遠くがスッキリ見えるのでは?という意味で)


なんだかんだと遠近両用にしたとしても
結局は近くと遠くの見え方、
どちらか妥協することに変わりはなさそうだったので

レンズの返品とかを考えるのはやめました。

何より、めんどくさいし(笑)



何より、最近特に不自由に感じていた、手元の小さくて細かい文字の羅列を

顔をしかめたり、
手を伸ばして距離を遠ざけてみたり、

・・・なあんて、アラフィフ世代の”あるある”な動きをせずとも、

当たり前に読めるようになったのは間違いないので
これで十分満足かなーーーって。


そしてついに、昨日から職場へもコンタクトをつけて行ったのですが・・・


もうね、

本当に仕事が快適そのものでした!


コンタクトを試してみた日には微妙だなぁ・・・って思ったけれど
1週間、自宅にいるときに使って慣れてからの、職場コンタクトは

本気でラクチン。


わたしは仕事上、特に字の細かい書類を扱わなくてはいけないので
それらの書類を処理するのに、
やっぱり、知らず知らずに目に負担をかけていたようで・・・

眼精疲労で、頭痛はほぼ毎日といってもいい状態だったし
書類に目を通すときに、ついつい眉間に力が入ってしまっていたのだけど


コンタクトをつけて、仕事をしてみると
どの書類も当たり前にスラスラ読めてノンストレス!


遠くはぼやけるけれど
小さな事務所なので、仕事に支障もないし
車の運転に不安を感じるほどのぼやけ方ではないので、
そこは「こんなもんかな」で妥協します。


わたしのように、若いときは視力がよかった人ほど、
加齢による視力矯正って、
気持ち的に抵抗感があるのか(老眼だしね)

我慢しちゃったりしがちで
特にこれが「老眼鏡」だと、よけいに抵抗があって
「目を細めれば読めるし」とか「離せば読めるし」と、
一方踏み出せない感があると思うのだけど・・・

我慢していると、それだけ眼精疲労につながるし
眉間のしわにもつながるし(←実際私、うっすら1本入ってしまいました…泣)


そのほうが、体に良くないんじゃないかなと思います、ホント。
メガネすらかけたこともないのに、

この歳でいきなりコンタクトから始めて大丈夫?という点も
コンタクト経験の有無はまったく無問題だなーというのが実感なので


同じように視力に不安を感じてるアラフィフ世代の女性がいらしたら
思い切って、コンタクト・・・って
すごくオススメだと思います。


だって、細かい文字が見えないこと
誰にも気づかれずにスマートに矯正できてるなんて
それだけで、ムフフ・・・・ですよ(^^)


★ランキングに参加中です♪