Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 マネーフォワードを家計簿としても使い倒す。

おそらく、さほど需要はないのだろうと思いますが

「マネーフォワードを使いこなすぞ」シリーズ(笑)です。

このマネーフォワード、
使っている人はわりと多いのでは?と思うけれど

ただ、無料版の場合は
結局、できることが限られてるので、
「便利な残高照会ツール」以上のものには、なりえない感じ。


もちろん、それでも十分なのだけど

わたしはこの1ヶ月、試験的にいろんな使い方を試してみて


収入と支出のすべてをほぼ正確に把握する
月々の家計簿として活用するツール

として、こんなに便利なものはないなぁ~と強く感じました。


そのため、試験的にこの10月分の収支から
このマネーフォワードを利用しての家計簿を記録してきました。

(まだまだ手さぐりなので、現在使っているPC家計簿ソフトも併用です)


家計簿といったら、まず大事なのが「費目」。


昔の記事でも書いていますが、
わたしは家計簿を2種類つけています。

ひとつは月々のやりくり用
もうひとつは、大きな支払のための、年間支出&特別費用

分けていたのは、たまに大きな支出があると、
家計簿の金額の波が大きくなりすぎてしまい、それがイヤだったから。

けれど、マネーフォワードで一元管理するとなれば・・・・
クレジットカードの利用履歴なんかもまとめて自動取り込みになるわけなので
「毎月のやりくりと特別費は別々に」というわけにはいきません。

そのあたりもどんな感じになるんだろう?と

とにかくすべては手探りでスタート。

マネーフォワードで家計簿をつけようとする場合、
ほとんどの支出は費目が自動判別されて、
こんなふうにフォルダ分けされます。

※画像は10月の家計簿から一部をキャプチャ。(実際の費目はもっと多いです)
 どうもうまくいかなくて?画像が若干ボケボケですが、お許しを・・・。

mane1510242.png 

 

当然、そのまんまだと、わたしが知りたい形とのズレが生じてくるので・・・
そこを「自分流」にカスタマイズします。

わたし流家計簿で工夫したところは3点。

■毎月の積立額がわかるようにしたい
マネーフォワードの家計簿では、「預金」という費目というか概念がないので
積立に関しては、何もしなければ「口座振替」という認識になってしまい
いくらを積み立てているか?はひと目ではわからないんですよね。

なのでわたしは「現金・カード」のフォルダの中で、どこへいくら積み立てているのか?
目で見える形にしたかったので、あえて費目を作りました^^


■特別費を区別する
ありがたいことにマネーフォワードの家計簿では
ちゃんと「特別な支出」という大項目があるので、
毎月の支出の中でも、自分が「これは特別費・年間支出」と決めている金額を
分けて把握できるように、まとまった支出はこちらに計上します。

画像はこの1ヶ月に発生した特別費。
いろいろ重なりました・・・・(汗)

mane1510243.png 


■息子にかかるお金も分ける
今のPC家計簿でも、息子にかかるお金はひとまとめに「教育費」として
扱っているので、こちらの家計簿でもそうしました。
アパートの家賃などは、マネーフォワードの自動判別には当然「住居費」に設定されてしまうけれど
カスタマイズで「教育費」の扱いに。

mane1510244.png 


最初だけチョットめんどくさいけれど、一旦そういう「費目分け」にすると
勝手にマネーフォワード側で記憶してくれるので、
次回から同じ費目に自動仕分けしてもらえます。さりげなく優秀(笑)


そして

マネーフォワード家計簿の「ここ、すごいよね?」と思ったポイントが
また別にあるのですが

長くなりましたので、明日、頑張って書けたらUPします。


興味のある方がいらっしゃいましたら、お付き合いください^^





★ランキングに参加中です♪