Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 マネーフォワード・プレミアム版を継続するか?

わたしのブログって、もともとは家計ブログだったんですけど^^;

実はわたしが書く家計管理の記事ってあまり需要がない感じなので
書くときはいつも、ちょっと申し訳ないような気持ちになるのですが

これでも一応
お金の不安のない老後を目指しているので、

めんどくさがりだけど、お金のことはそれなりにしっかり管理したいと思ってます^^


そんなわけで、今日もまたマネーフォワードの話を書いてしまうので
「あ~~~その話は要らないわ」という方は、ぜひスルーしてくださいね。


9月の記事でマネーフォワードのプレミアム版を1ヶ月無料お試し中と書きました。
来週で、その無料1ヶ月が終了するので続けるかどうか?を
決めなければなりません。

で、結論から先に言うと
このまま使い続けることにしました。



有料版を使ってこそ、マネーフォワードの有用性が実感できるなぁ
・・・と、強く感じたからです。


わたしが使ってみた中で、一番よかったのは

「グループ機能」

だったんですね。


マネーフォワードを無料版で使っている人の多くは
「家族の口座を登録して、全財産を常に把握できればいい」という
言ってみれば「残高把握」の目的で使っている人が
多いんじゃないなぁ・・・と思います。

もちろん、わたしもそうでしたから。

※ただ、わたしの場合は口座の数が多すぎて
2アカウントで登録していたので
あっちのアカウント、こっちのアカウント・・・・と、
ログインしなおしたりがめんどくさく感じていました^^;


グループ機能というのは、
簡単に言うと、たーくさん登録した口座情報のうち、
「自分の知りたいデータだけを抽出できる」機能。

無料版だと、1つのグループしか設定できないので
ほとんど利用する意味がなくて、使っていなかったのですが
有料版だと、無制限にいくつでも設定できるんですねー。


何がいいのか?というと
わたしが実際にグループ分けしてるのはこんな形。


money1015.png  

上から順に

★息子一人暮らし
息子の仕送り口座と、息子のクレカ情報を登録して、
一人暮らしの収支がわかる口座だけ表示するグループです。
(万が一残高不足が起こらないように見守っているだけなので
使い方についてなど、息子本人に何か言ったりはしません)


★生活費
給与口座、クレカ情報など、毎月の変動費にかかわる口座だけを
抽出したグループ。日々の家計管理の状況が常に把握できるため
毎月の家計簿として利用可能。


★クレカ利用額合計
メインとサブ、2枚のクレカの情報を抽出して、
月々の利用額が常時確認できるようにしています。


★漢方スタイル★DCMX
それぞれのカードごとの利用明細が確認できるように抽出設定。

★保有株・投信時価
毎日評価額が変化する投資資産の時価額が常に把握できるように
証券口座のみ抽出するグループ。
評価額の月次推移なんかも把握できるので
変化がわかって便利。

★預金・債券
いわゆる無リスクの預金&国債の残高のみ、わかるように抽出。
投資口座を含まないので、純粋な預金合計額と増減だけがハッキリわかる。



なかなか熱く語って伝わるものではありませんが^^;

このグループ分け機能がとにかくわたしにとってはかゆいところに手が届くというか
すっごくありがたいものでした。

だって、あちこちの口座などにいちいちログインしなくても
マネーフォワードだけで、知りたい部分のデータがいつでも見られるから。

たとえば、この画像は「クレカ利用合計額」の月次推移なんですが・・・・。
こうして、クレカの利用履歴だけを抽出して表示することができます。
もちろん、月ごとに詳しく振り返ることもできますし

プレミアム版の場合は、これらのデータが年単位でずっと保存できるのがうれしい。
(※無料版だと1年分しかデータは保存されないのです)


mane1510142.jpg 


クレジットカードって、
来月の支払いはいくら?とか、
これから払うほうばかりに目が行きがちだけれど、実は振り返ることのほうが大事かも。

わたしの場合、自分でも家計簿につけているつもりだけれど、
「やりくり費」と「特別費」と、家計簿を分けているので

「やりくり費」には漏れがなくても、
「特別費」扱いにしているものや、お小遣いから購入したものは
把握しきれていないものもチラホラ・・・w

1円単位までキッチリ合わせるような家計簿のつけ方をしていないため
記入漏れは否定できないんですね(適当でスミマセン)。


けれど、マネーフォワードでは、当たり前ですが1円単位まで
いつ何にクレカを使ったのか?キッチリ自動取得されて、
費目分けも自動でされるので(※自動判別されないものは自分で費目を選びますが)

ホント、以前にも同じことを言いましたが、家計簿にウソがつけなくなります(笑)


ただ資産残高を把握するだけなら、無料版で十分だけれど

個人的には
クレジットカードの利用履歴確認や
携帯電話の明細確認、
そして、自分の知りたい部分の収支を簡単に抽出できる機能が
この3週間ほど使ってみて、本当にいいなぁ~~と思えたので

まずはこのまま月額500円を継続してみることに決めました。


たかだか500円はもちろん高いです。


でも、また別記事で書きますが(まだ書く気?)

今月は家計簿機能もマネーフォワードのものを並行して利用してみたところ
「使ったら自動転記される」という意識が働いて
通常の月よりもお金使ってないのです。


なので、500円払って、3,000円くらいの無駄遣い削減効果があるとしたら
十分利用価値あるんじゃないかな、という納得してます^^





その家計簿機能を使ってみての感想ですが
長くなりましたのでまた後日書けたら書きますネ~。



★ランキングに参加中です♪