Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 今苦手なことは、きっと10年経っても変わらない気がする。

わたしは一人でいるのが好きです。


これでも・・・
小学生のころは、かなりの活発少女で
クラスの「目立つ子」なほうにいたと思います。
学級委員とか、生徒会とか、
そういう目立つ役割に投票で決まることも多かったですし。

でもそれはあくまで子供のころの話。

中学生のとき、部活で集団無視のいじめに遭い

高校生のときに仲良しグループ内で、恋愛がらみのいざこざを経験し

社会人になってからも同性の先輩・同僚関係でいろいろあって

ママになってからの、ママ友関係でもっとめんどくさい人間関係を経験し・・・


いわゆる”女同士によくあるもめ事"に巻き込まれて

イヤな思いをさせられたり、

また、

自分が無意識に誰かを傷つけていたことを知って落ち込んだり

誰かに振り回されたり、その人に気を遣ったり、

グループの空気を読まなきゃ、と無理にテンション上げたり、
逆に言いたいことを言わなかったり・・・・

そんなことを何度も経験するうちに

他人の言動に内心ビクビクしたり、自分の言動がまずくなかったか?
過剰に気にするようになってしまいました。


そして


人と深く関わることに慎重になり
じわりじわりと「実は精神的なひきこもりなんです」
な、自分になってしまった気がします。


けれど、自分で言うのもおこがましいけれど
パっと見の印象は人懐こく見えるタイプ(←美人ではない)。

そして、ママ友関係だったりご近所さんだったりに
誰とでもにこやかにあいさつや世間話もする人間のつもりなので

決して、「暗い人」とは見られないはずです(笑)


でもねーーーーー



やっぱり、ひとりでいるのが一番好きなの。


昨日、市民講座の秋冬募集の冊子がポストに配布されていたので


FPの試験も全部終わって時間的にゆとりが持てるようになったことだし、
気分転換に何か参加してみようかなあ~~~と思って、物色してみたけれど



「毎週○曜日、○時~○時」


と、講座スケジュールなどを見ているうちに


”仕事が終わった後や、仕事のない日のせっかくの貴重な自分時間。
わざわざサークルに出かけて行って、周囲と波長を合わせながら何かするより
ひとりでやりたいことをして過ごすほうがいいなぁ”



・・・・・という、気持ちのほうがやっぱり強くて
興味のある講座はあったのだけど
申し込むところまで、気持ちが盛り上がりませんでした(笑)



そして、その冊子を見ながら・・・・


今こんなふうに「ひとりがラクチン」と思っているわたしが
5年後、10年後、仕事を辞めた後のセカンドライフで

「積極的に人の集まりに飛び込んでいく」


なんてこと、あるんだろうか?と考えたら


今苦手だと思ってることが
5年後10年後になったら好きになるとは到底思えないな。



って結論に達したのだけど、どうしよう・・・(汗)






不安になるのは


「友達のいないわたし、どうしよう?」


という意味ではなく


「友達がいなくても全然困ってないわたし、
このままでいいのかな?
老後のことを考えたら、
もっと積極的に人とかかわる機会を作らないといけないんじゃ?」




と、そういう意味合いでちょっと不安です(笑)。




もっとも、今は
パートとはいえ仕事で拘束される時間があるから
たまの休日や余暇がいとおしく

それ以外の時間はできるだけ
自分ひとりでゆったりする時間に充てたいと思うだけなのかも?


これが専業主婦になって、暇を持て余すようになったら
さすがに毎日退屈で、
人の輪が恋しくなるのかな。



社交的で、交友関係の広い人は
人疲れってしないのかな。



子供のころ、あんなに明るくキャピキャピしてたのに
どこでどうなって、おひとり様を愛する人になっちゃったのか


自分のことながら、本当にナゾです。




★ランキングに参加中です♪