Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 巣立ちはやっぱり寂しい。

前記事で愚痴を書いてしまったので
愚痴記事がいつまでもトップページにあるのはイヤだから

気分を変える記事をのせておきます。




先日、うちの庭のコニファーに、
キジバトが巣を作って、なんと雛が生まれた。。。。と書きましたが


あれから2週間ちょっと。


2羽の雛は驚くほどの早さで、
むくむくと日々成長していきました。



まだ産毛だった時期、

巣から50cmくらい下の枝に、野良猫がいて
雛を狙っているのを見つけ

「こらあ~~~!」と脅かして追い払ったこともあります。

一度それを見てしまってから、
朝起きたとき、洗濯物を干すとき、仕事から帰ったとき・・・

雛が順調に育つか?
親鳥が育児放棄したりしないだろうか?
また野良猫が来ないか?

まるで、自分が世話をしているかのような錯覚に陥って
毎日毎日、気にかける日々でした。

遠くからも、その存在がわかるようになりました。


生まれた2羽の雛は・・・・わずか2週間で


こんなにも大きく立派なキジバトに・・・!

hato15093_201509071739395ce.jpg 


(脚立に上って、脅かさないようにそおーっと撮った)



そして、この翌日。





巣からいなくなってしまい、もう帰ってきませんでした。




巣立ってしまった・・・。


なんだか、ちょっと寂しいな。



親鳥も見なくなりました。


でも、ハトは一度住み着いたら離れないというので
親鳥のほうは、きっとまた戻ってくると思います。


最初、ハトが住みつくのは害になるのか?と不安もありましたが
キジバトは、全く迷惑なことはありませんでした。(ドバトは害になるらしい)

庭木に巣を作っていたので、糞害もゼロ。
(木の根元に落ちるので視界にすら入らない)

雛がピイピイうるさいのかと思ったけれど
キジバトの雛の鳴き声なんて、全く聞こえなかったし。

静かに暮らしていた、親子でした。


また、いつでも戻ってきていいよー。



待ってるからね。


★ランキングに参加中です♪