Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 息子、救急車で運ばれる。

お昼前に、わたしのケータイが鳴りました。
息子からです。

今日もまた、朝から部活の試合に行ってるのだけど、
試合中に電話かけてくるって、どんな急用?と思って電話に出てみると・・・

「わたし、○○部の顧問の△△ですが」

と、息子ではなく先生からでした。



イヤな予感・・・。 何かやらかしたか?



「実は息子さんが、ちょっとケガをしまして・・・
それがちょっと大きなケガで・・・
今、救急車を呼んでます

こんなふうに言われたら、
血の気がひきませんか?
心臓一瞬とまりますよね?


もう、まさに今日のわたしがそうでした。
頭真っ白になりました。

ケガって・・・?救急車って・・・?

「一体何があったんですか!?」

と、ちょっと大きな声をあげてしまいました・・・・。
だって、状況が飲み込めないんですもの。

すると、「傘がささったようで・・・」という言葉。
傘がささった???どういう状況?
先生も説明しにくそう。

とりあえず、出血がひどいので、救急車で搬送しますということだったので
わたしもすぐに駆けつける。


病院では、先生と部活の先輩が待っていてくれて、
状況を詳しく説明してくれたんですけどね、

簡単に言うと、使っていた傘の内側の骨が突然折れたようで
傘を差すときにグっと伸ばした指に、その折れた骨がささり、
指の肉をえぐり取った(グロい説明でごめんなさい)みたいな状態だったそう。

顧問の先生の話では、血が噴出して出血がとまらず、
息子が顔面蒼白になって倒れこんでしまったので
救急車を呼んでくれたとのこと。

結果的には、指を8針縫っただけで済んで、
救急車を呼ぶなんて大げさだったのでは?・・・とちょっと複雑な気持ちになっていたら

処置をしてくれたお医者さまから、

「あと少しで神経に達するところだったので
ちょっときわどいとこでしたよ。
切れてたら神経を縫い合わせる手術になってたと思うので・・・
切れてなくてよかったです。ギリギリセーフでしたね(;´▽`A``」

と言われて、ゾッ・・・・・。


たいしたことなくてよかったです、ホント。
部活の仲間や先輩にも心配かけてしまって、申し訳ない思いです・・・。


さて、救急外来で5,340のお支払い・・・( ̄_ ̄|||) どよ~ん
給料日まで、今月は余裕だわ~って思ってたのに、思わぬ出費ですよ。

まぁ、ケガがたいしたことなくてよかったと思わなくちゃいけませんね。



学校加入のスポーツ振興センターからも治療費は一部負担してもらえるようだし、
個人でも入学時に任意の学生用傷害保険に入ってるので
そちらも、もちろん請求するつもりなので
治療費の自己負担はしなくてもよさそう・・・・かな。

高い保険料を払ったのだから、
こういうときは、きっちり請求しなくてはね・・・・(笑)


・・・というわけで、お騒がせなタイトルを書きましたが、
息子は右手が不自由な以外は元気です(*^▽^*)
★ランキングに参加中です♪