Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 お墓参りのたびに思うこと(1)

お盆休みに毎年欠かさないのがお墓参り。


不謹慎に思われるかもしれませんが

わたしにとって、この毎年お盆のお墓参りはとにかくユウウツなことです。

再三触れている通り、
去年の8月に、腰の手術をしたわたしですが

手術日を決めるときに、入院期間があえてお盆休みにかぶるようにしたのは
表向きは「夫も仕事が休みだから」ということだったけれど

ほかにも「いっそ、お墓参りに行けない理由を作りたかった」
というのも大きな理由だったということは
家族の誰にも言ってない秘密です(汗)


子供のころは、ただただ車の後部座席に揺られていくだけなので
それほど苦にも思わず、親に連れられているだけでしたが

ここ数年はわたしにとって、
非常に気が重い行事になってきています。

なぜなら

若いころにはあれほど車の運転に自信を持っていて
遠くてもへっちゃらで運転していた父が

70歳を過ぎてからは、
さすがに長距離運転に疲労感を感じるようになってきたため

お墓参りの運転は、
必然的に娘であるわたしの担当になってしまったから。



みなさんは、お盆のお墓参り・・・というと、誰のお墓に行かれるのかな?

我が家の場合は・・・

*実母のお墓

*父の両親のお墓

*母の実家のお墓


・・・の3つのお墓に行かなければなりません。


実母のお墓については、車で20分くらいの市営墓地なので
お盆に限らず、時間のあるときにいつでも行けるので
今の段階で、お墓参り事態は負担にはなっていません。




問題は残りの2つ。

どちらも遠いのです。

父の両親のお墓は、高速道路を使って1時間。

実母の実家のお墓は、そこからさらに高速に乗って1時間近くかかります。
父の運転で行かなくなったのも、この遠さのせい。

しかも


猛暑の日差しと渋滞を避けるために、
毎年早朝4時に出発し、朝10時ごろ帰宅・・・・という行程
です。


父と兄・・・(休みの都合があえば弟も一緒に)&息子を連れて毎年行きますが

運転は往復わたしなので・・・
(※兄は免許を持っているけれど、
都会住まいのため、車を手放してもう10年近く経つので、運転を代わることはない)


高速道路に乗ったり下りたり、分岐にキョロキョロしたり
都会にあるので片道3~4車線の道路をドキドキしながら走ったり・・・


正直、わたしだって体力的にしんどいです。




けれど

父はわたしに負担をかけているとか、そういうことを気遣える人ではなく
当たり前のように毎年、わたしをアテにしているし

わたしもまた、子供のころからずーっと続いていることだし
車を出すのも、運転するのもわたししかいないわけで
仕方のないことだ・・・とあきらめてはいます(><)


え?ご主人は?と思った方もいらっしゃると思いますが
このお墓参りは、”わたしの実家の実家”・・・という
夫にとっては、顔すら知らない人のものになるので、同行してもらったことはないし
行って欲しいと思ったこともありません。
(わたしの母のお墓には節目ごとに一緒に行きますけどね)




ただ・・・・


わたしはお墓参りがめんどくさいとか、イヤなのではなく

本当は父と一緒に行くのがイヤなんだろうな、と
そういう気持ちは隠せないかも・・・・。

これはもう、理屈じゃないし
ブログの短い記事の中で
一言で説明できる感情でもないので

どこまでをどう書いていいのか難しいのだけど


定期的に実家の父を訪ねて話し相手になるときに
グっと自分のテンションを明るく引き上げて
父に満足な時間を与えなければ、と思って会いに行くけれど
そういうご機嫌伺いは、適当な時間を見計らって退散できます(笑)


でも、一緒にどこかへ出かける・・・となると、そうはいかず
その半日が精神的にすごくキツい!


会話が疲れるのです・・・とにかく。


また、


とっくの昔にわたしは姓が変わり、
夫の実家の人間になったはずなのだけど

父の頭の中にはそういう意識は皆無であり、

いつでも最初に頼るのがわたし。

兄なんかは、ことあるごとに、
「お前はもう○○家の人間なのに、お前ばかりに負担をかけて申し訳ない」
と気遣ってくれる人だけれど、

父はそんなことを口にしたこともなく
「娘だから当たり前」という感じ。

だから・・・・

実家で何かをするときは、わたしが中心になって
あれこれ事を進行させるのが当たり前になってる現実とか

そんなことが、わたしにはきっと重いのです。


お墓参りがユウウツなのは、
父と一緒に行くことがユウウツなのであって、

いっそのこと、

「お前一人で行ってきてくれ」と頼まれるほうが
ずっと気持ちが楽だな、と思ってしまいます。







それでも


今はまだいい。


問題はこの先。



お墓は誰が守るの???


という、切実な問題がいつも頭をかすめます。



長くなるので、明日につづきます~。


★ランキングに参加中です♪