Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 ”ママっ子男子”って言葉を初めて知る。

おはようございます♪

昨日は美容院dayでした。
最近は肩にするくらいの長めのボブで毛先だけ
ふんわりパーマをかけたスタイルが気に入ってます^^


ところで・・・・


その美容院で読んだ週刊誌の記事の中で

「ママっ子男子」

というのが最近は多いんですよー・・・・な
記事が出ていて、それをみてびっくり。

わたし、この記事を読むまで”ママっ子男子”とか”ママ充”なんて
言葉が注目を浴びていたことすら知らなかったので
結構衝撃でした(笑)

なんでもテレビで特集が放送されて、ネットでは結構な反応があったとか?
(そういう放送があったことも知らなかった~)

パーマの待ち時間に
この記事を読んだ感想は・・・・・というと









うん、普通に気持ち悪いぞ。








でした(笑)

わたしが読んだ週刊誌の記事では、
実際に「わたしの息子は”ママっ子男子で~す」と
自分たちの仲良し親子っぷりをアピールする3組の”母&息子”が
取材に応じてる・・・・というものでしたが


要は

昔はマザコンって言ったけど、今は違うのよ、”ママっ子男子”っていうの。
マザコンとママっ子男子は違うのよ~

マザコンっていうのは母親の言いなりでベッタリ~なイメージだけど
ママっ子男子っていうのはそうじゃなくって
”ママでもいい”という、母親と対等な関係なの。

つまり、彼女とデートするように
”ママとだってデートするよ”と、いうだけのことなの。

そして母親のほうも、
マザコンの母親は、子供ひとすじに生きてる母親みたいなイメージだけど
ママっ子男子の母親はそうじゃないの。

夫のことを大事にしてたり、ちゃんと仕事を持っていたり、
母親自身の生活を大事にしているのよ~


母親に依存してるとか、ぜんぜんそういうのじゃなくってね
友達親子っていうの?
すごく対等に仲良しなのよ~~~。


と、そういう違いがあるらしいのだけど・・・・・・・


いやいやいやいや

これはマザコンって言葉のイメージが悪いから
別の造語で別の言葉でごまかしてるだけでは・・・・・・?


ただね、読んでいて

ウヘェ~~~~~と思ったのと同時に
わたし自身も、人のこと言えないというか
うわ~~~耳が痛いなぁ~と、ちょっと思ったのも認めます(笑)。


ママっ子男子の特徴とされるものに
我が家がどのくらい当てはまるのかチェックしてみると・・・

*反抗期がなかった
 → ○ イライラさせられることは多かったけど、
      暴言とか目に余るような態度はうちもなかった。


*ママとデートする(二人きりで買い物・食事・映画など行く)   
  
 × 行かない。行きたいとも特に思わない。

*服はママに選んでもらう
  
→  基本は本人。ただ、わたしが自分の買い物のついでに、
       つい勝手に買ってきちゃうことは・・・ある(恥)

*会計するのはママ 
  →  一緒に行かないからそれはないけど・・・
       でも、勝手に買っちゃうときは「会計はママ」になってるなぁ~。


*お互いの写真をスマホで撮りあう 
  → × これはキモち悪いよ。そんなことしてどうするんだろう?と思ったら
       SNSに載せたりするんだって・・・・( ̄▽ ̄;)

*毎日LINEのやりとりを欠かさない
  → ○ 一人暮らしをし始めたころは毎日だったな・・・。
       最近は週1~2日くらいだけどいけど、用事がなくてもおしゃべり感覚でLINEできる
       感じではあるので、LINE多め親子だと思う・・・(汗)
  

*ママにプレゼントをよくする  
  → × くれないぞ! 旅行のおみやげくらいなら買ってきてくれるけどね。

*ママには何でも話す。恋愛相談もするよん 
  → × なーいないないないっ 彼女がいることもおしえてくれない。(←知ってるけどw)
       

・・・・・と、行動全部が当てはまっているわけではないけれど

世間的にいうと、仲はいいほうじゃないかな・・・という自覚はあるので
結構アブナイかも(汗)


自分たちにとっては「普通」なことでも、
たとえばブログを読んでる人から
「ベッタリで気持ちわる~」って思われてることがあるのかもしれないですしね。

2~3年前、息子の初めてのスーツを買うのに
一緒に行って選んだ・・・という記事を書いただけでも

「え?親がわざわざついてくの?やさしいんですねぇ~
うちの子はそんなの自分で買ってきましたよ?」

なんて思わぬ皮肉を言われて、ギョっとしたこともあったので・・・(^o^;)


読んでいた週刊誌の記事の”仲良しエピソード”の中で
中でも仰天したのは

恋愛相談も母親にしてて、

息子「今付き合ってる彼女と結婚を考えてる」

母「ダメダメ、あなたはもっとたくさん恋愛してからのほうがいいわ」

なんて会話も普通にしてるとか、
息子は息子で、

「母親はバブル世代で恋愛経験豊富なので、いいアドバイスがもらえる」
と思っちゃってるとか・・・・


え?これって、彼女にしてみたらどうなの?
うれしいんでしょうか?

わたしだったらぜ~~~ったいイヤだけど・・・。

ママっ子男子の母親のポイントとして

「決して息子を束縛するわけではないので息子の恋愛も応援するスタンス。
理解してくれる友達と同じ存在」


という定義があるみたいだけれど、

理解っていうのは、黙って見守ることで・・・・
それ以上の言動は、それはもう「過干渉」って言うんじゃないのかな。

わたしも仕送りだったり・・・・・・は、過干渉な面がある母親なので
えらそうなことを言える人間ではありませんが

でも息子の恋愛だけは介入しないですよ、絶対(笑)。

わたしが彼女だったら・・・・・
自分とのデートことを、相手の母親に全部筒抜けかも?と思うとイヤだし
まして、こんな人と結婚するかと思うとゾっとします。

結婚生活のどんな場面にも義母の介入がありそうだもの。
で、いちいち義母の意向を確認する夫になりそうだもの。

また、姑から「うちは嫁姑関係も良好よね」などと
一方的な仲良しを押し付けられたとしても、それはそれで微妙だし・・・^^;

わたしも「世話焼きおばさん気質」の持ち主なので
ほんっと、気をつけようと思いました。


世間から、またブログを読んでくださる方から
イタい母親だなーーーーと、笑われないように・・・・・・・!



とはいえ、これが「母と娘」だったら何も言われないだろうに。
そこはちょっと母と息子のイメージって
損してますね(〃∇〃)



★ランキングに参加中です♪