Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 個人向け国債の利金&気を付けたいこと。

こんにちは♪

今日が終われば3連休です~~☆
せっかくの連休だけど、
息子が帰ってきたら家事サボれなくなって困るなぁ・・・と思っていたら(←なんて母親)

「もうすぐ試験だから帰れない」

との連絡が。

わ~い☆よかった・・・・じゃ、ないか・・・(;´▽`A``
おそらく息子の帰省はお盆休みに合わせて・・・になるんじゃないかと思われます。


さてさて。

7月になり、保有している個人向け国債変動10年から利金をいただきました。
確認してみたら、4月にいただいた利金については紹介していなかったので
ついでに一緒に画像載せます^^;

今回いただいたのは元本300万円のほう。
4月にいただいているのは元本100万円のほう。
国債はあわせて400万円分保有しています。




kokusai1507.png


残念ながら1年前と比較するとずいぶん利金も低くなってしまっていますが・・・^^;
とはいえ、銀行の定期預金より金利は高いですし
変動金利なのでそのあたりは、あまり気にしていません。


今後も、非リスク資産として増やせるものなら増やしたいけれど、
買えるだけのお金がないので・・・・・・次はいつになることやら?(笑)。

変動10年物の個人向け国債は

*銀行預金より金利が高め
*市場金利にあわせて金利が変動するのでインフレにも対応
*1年経過後はいつでも換金OK
*その際は全額じゃなくても一部換金でもOK


・・・・と、とりあえず使う予定のないまとまったお金の預け先としては
かなりメリットが多いです。

株や投資信託など、投資はちょっと抵抗があるけれど
少しでも金利の高い運用先を・・・と思う人にもオススメ。


ただ、ひとつだけ注意が必要なんですよ。

1年たてば、いつでも中途換OKなのは間違いないのですが・・・
そのときには「中途換金調整額」っていうものを払わなくちゃいけないんですね。

(もちろん、「そんなこと誰でも知ってるよ~」という方はどうかスルーでお願いします♪
これから家計管理を頑張ろう、何かいい選択肢はないかな?と
あれこれ考えている人に向けてのアドバイスですので)



これをきちんと頭に入れていないと

「なんだ、中途換金OKって聞いてたけど、元本まるまる返ってこないじゃん!」

とガッカリしてしまうケースが出てくるといけないので
あえてこのポイントをちょっと書いておきたいと思います。


元本保証には違いないのですが
10年の満期を待たずに解約する場合には
「直前2回分の利子相当額」というものを払わなくちゃいけません。

つまり、わかりやすく言うと、
約1年分の利子を返さなくちゃいけないという感じなわけです。

だから、極端なケースとして
たとえば1年で解約してしまう場合は
「1年間預けてたけど、結果的に何も増えなかった~」
なあんてことになってしまう場合もあるということ。

トータルで損をするわけではないとはいえ、
やはりちゃんと理解しておいたほうがいいですから。


1年後から解約はいつでもOKだけれど
無傷のまま返してもらえるわけではないので(笑)

それはちょっとイヤだな・・・と思う場合は
何年かは当面使う予定のないお金で買うほうがいいと思います。


また、
金利が上がってきたから、
国債じゃなくてもっと別の金融商品に乗り換えようかな、
と考えたときも同じ。

単純な利率の比較だけでじゃなくて、

中途換金調整額を払って乗り換えたとしても、
乗り換えたほうがプラスになるのか?を
ちゃんと見極めるのが大事ですよん(^^)



なあんて・・・・そんなふうに金利比較したくなるくらいに
金利が上がってくれるといいんですけどねぇ・・・。

そんな日はまだまだ先なのでしょうか・・・。


ではでは明日からは3連休☆
よい週末を~(^^)/




★ランキングに参加中です♪