Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 町の電気屋さんで家電を買うメリット☆

おはようございます♪


昨日の記事の冒頭で書いていたエアコンの故障の件ですが


直りましたよ~~っ!


やっぱり、原因はガス不足だったようです。

昨日も暑い1日だったし、
夕飯時にエアコンが効かなかったら食欲もわかないわ・・・と
思っていたけれど、すぐに直してもらえて本当によかったです。

さすがは町の電気屋さんだなぁ・・・って感動しちゃいました。


我が家のリビングエアコンは、量販店ではなく町の電気屋さんで買ったもの。
当時の過去記事に、このエアコンを買ったときの経緯については
細かく書いていましたが、
あまりにだらだらと締まりのない長い記事だったので(笑)
その記事はすでに消してしまってます^^;

ものすごくカンタンに言うと
当時使っていたエアコンが壊れてしまい、修理が必要という状態になったとき

夫の実家が長年利用している町の電気屋さんに
夫が修理を依頼してしまったことがきっかけ。
(メーカーがまったく違う電気屋さんに頼んでしまう厚かましさw)

結局、メーカー修理が必要となり、それも4~5万かかるとわかったので
買い替えるに至ったのですが


義実家が長くお世話になっている電気屋さんで、
夫の会社の電気関係もそちらですべてお世話になっている関係上、

「都合よく故障の相談だけしておいて、買い替えは別の店」


いうわけにはいかない・・・という空気になり

夫にも「頼むから○○さんのところで今回だけは買って欲しい」と
お願いされたので、
義実家と夫の顔を立てる意味で、当時はしぶしぶ了承したのです(笑)


しぶしぶ・・・・だったのは、
やはり「町の電気屋さん=割高」のイメージがあったから。


でもね、そのときですら驚いたんですが・・・

たしか日曜日の夜だったんです。
夫との話し合いで「修理せずに買い替えよう」と決定したのは。

そのとき既に午後8時を過ぎていたのですが、
夫が電気屋さんに「エアコンを○○さんのところで買わせてもらいます」という電話を入れたら・・・

すぐにカタログを持って飛んできてくれたんですよ。

日曜日の夜ですよ?

猛暑の盛りで、エアコンが壊れてから
修理するかのゴタゴタで数日経過していたのでしたから、家族みんな汗だく。

1日でも早くエアコンが欲しいところだったので、
夜なのに、電話をした10分後にすぐに飛んできてくれたことに感動。

これが町の電気屋さんの「すぐ来てくれる」ってヤツなのねーー!ってヽ(*^^*)ノ


カタログを開いて、あれこれと丁寧に説明をしてくれて
似たようなエアコンの、どこがどう違うのか?
このくらいの部屋だったら、このサイズがいいですよ、など細かいアドバイスをしてくれて

いや~・・・すごいな。
量販店の店員さんとは違うな、って感心しきり。

もっと驚いたのは、

「それじゃ、明日取り付けに来ますね」

と言ってくれたこと。

つまり、日曜日の夜8時過ぎに家にやってきて
月曜日の午後にはエアコンを取り付けてくれちゃったわけです。

量販店だったら、絶対こうはいかなかっただろうな、って思いました。

ただし価格のほうは、さぞかし割高なんだろう・・・と覚悟していましたが

買ったものは当時の最新機種だったため
量販店でもさほど大きな値引きをしておらず、
電気屋さんとは1万ちょっと円くらいしか差がなかったんです。

もちろん高いには違いないですが
思ったほどの差はないんだな・・・というのがわたしの感想でした。



で、今回突然やってきた故障。

これも、午前中に夫が電話を入れて、即日修理完了!
というスピーディーな流れになったことに
ここでもまた、「ありがたいなぁ~♪」って気持ちになりました。

わたしが仕事から帰宅したときには、
すでに夫と電気屋さんが家にいて、修理が始まっていました。

それを待っている間に、夫に

「やっぱり町の電気屋さんっていいね。
これからは、大きな家電は○○さん(←電気屋さん)のところで買わない?」

と言ったわたし。

ホントにそう思いました。
小型家電は量販店でいいけれど、故障したら修理に来てもらうしかない大型家電は
すぐに飛んできてくれる電気屋さんで買うほうがいいなぁ~と。

それにね、
もうひとつ、我が家ならではの「メリット」があるのです。

それは

この電気屋さんで電化製品を買うと

「窓口が常に夫になる」

ということ!!!

我が家では、お金のことはもちろん生活のすべてが
妻任せで、夫が自分から積極的に関わってきたり責任を負ってくれることは
ほとんどありません。

でも、この電気屋さんは別。
義両親も義兄夫婦もこちらで電化製品のほとんどを買っている上に
会社の電気関係でもお世話になっているそうなので、よく知った間柄。


だから用を頼みたいときは、必然的に「夫が窓口」になるというわけ。

今回、エアコンが壊れたときも

わたしは「○○さんに電話して修理に来てもらってほしい」
と、夫に言っただけですしね(笑)

あとは、夫が電気屋さんに電話して、
修理も夫が立ち会って、
技術的な話も、夫がしていてわたしは見てるだけ~~~でした。


なんてラクチン!!

って思ったんです。

これが量販店で買っていたものだったら、お店に連絡するのもわたし。
修理時に家で対応するのもわたし・・・になっていたこと間違いなし、なので

なんでもかんでもわたし任せになってしまう我が家にとって、
いや、わたしにとって
このラクさは、本当にありがたいものです。


エアコン、冷蔵庫、洗濯機・・・・・
この3つについては、今後は電気屋さんで購入しようかなと真剣に考え中です。

対応がとにかく迅速で、
なおかつ、アフターケアのすべては日ごろ何もしない夫が手配して担当してくれるなんて、
わたしにはうれしすぎますから。


持ち運べるものはネットや量販店で。
動かせない家電は義実家ご用達の電気屋さんで。

今後はそんなふうに使い分けたいと思いますv(^-^)v


★ランキングに参加中です♪