Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 NHK「老後危機」を観て。

こんにちは♪


夕べ、NHKスペシャル「老後危機」を観ました。
正直に言えば、ちょっと期待していた内容とは違ったなぁ・・・と思いました。

みんなで漠然と「ね~~、不安だよね~~」って言って終わっただけというか・・・^^;

ママ友とお茶しながら話すレベルと似てましたね。

つまり
「すごく不安よ~」「うん、わたしもわたしも~」と盛り上がりし
「国もこうしてくれたらいいのにね~~」と、いう自分なりの思いを口にしてみるものの

何ができるか?何をして準備しているか?という具体的な話までは
踏み込むことができないので、

「不安に思ってるのはみんな同じなのね~」というところで終わってしまう感じ。

ただ、リアルの会話になると・・・・口でそう言ってても
「わたしはバッチリ計画的にやってます」って人も多いはず・・・。

おそらく、学生時代の”あるある”のひとつである
試験前に「わたし全然やってな~い」「わたしもだよぉ~」と言っておいて
片方はちゃっかりいい点とっちゃう・・・みたいな、アレ(笑)


それはさておき


老後に対する漠然とした不安は
もう誰しも持っていると思うし

国に対して討論会形式で
「ああしたらいいのに」「こうだったらいいのに」
と、不満や改善策を言い合ってみても
結局、現状が何も変わらないのは同じわけなので・・・

今の制度を受け入れて、
それが将来にむけて、
さらに厳しい状況になることを覚悟するしかないんですよね。

ともかく、国からの補助は最低限しかもらえない。

足らない分は自分年金を作るしかない。

それが現実。


老後破産とか、下流老人とか、
老後ヘの危機を促す言葉を
すごく目や耳にする機会が増えたなぁ・・・って思うし、

実際に老後破産に陥っている人を追うようなドキュメンタリーも
気づけば必ず観るようにしているけれど


そういうものを観た人たちは

「自分はああはなりたくない」と、身震いするだけで

じゃあどうしたらいいの?
という選択肢の情報を持っている人は少ないんじゃないかな。


もちろん、日ごろからお金に関する情報を
自分から積極的に調べている人たちは違いますけどね。

なんか年金ヤバいらしい、自分たちはもらえないかも?という
漠然な不安どまりで・・・・
それに対して、今できることがわからない人ほうが多いのでは?ということ。


「自分で老後に備えるためには、こういったいくつかの具体的な方法があります」

という、自分年金作りを促す情報を与えられる番組作りまで
そろそろもう一歩進めたらいいのになぁ・・・って感じました。

まあ、そういう企画にしてしまうと
投資という選択肢も、そのひとつとして必ず入ってくるし、
そのリスクもまた伝えなければいけないわけなので・・・・
公平な視点からの番組作りという意味では
なかなか難しいのかもしれませんね。


たとえば、わたしの職場の営業くんなんかは
職場の特性もあって、うちは厚生年金がないののですが・・・
国民年金しか加入していないんですね。

それがとてもヤバイかも、ということは漠然と分かるようで

「老後とか、不安ですよ」とは口癖のように言うけれど

「何がいいんでしょう?」と、その先の案を持っていません。

「付加年金とか国民年金基金とか、確定拠出年金とか・・・」と
わたしが軽く勧めても

「言葉は聞いたことあるけど、
中身はわかってない。」

という感じ。

でもこういう人は多いんじゃないかと思うのです。

お金の教育って学校でしてもらえるわけじゃないから
自分から情報をつかみに行かないといつまでも知らないまま・・・になりがち。


家計ブログを書いたり見たりしている人にとっては
周知のことでも、
社会人全体で見ると、方法を知らない人たちって
(”聞いたことあるけど内容は分からない”というレベルの人たち)
は、実はすごく多いんじゃないかとも思っています。



だから、老後問題を取り上げる番組のこれからは
「嘆いて終わり」「不安だけ与えて終わり」
ではなくて、

じゃあ、自助努力として何ができるのか?を
教えてくれる番組がどんどん出てくるといいなぁと思いました。

老後のことって
他人のことは気にせず、自衛だけ気にすればいいような気もするけれど
でも、将来の年金が減らされることによって
老後の暮らしが立ち行かなくなる人は生活保護へと流れることになるはず。

今以上に生活保護受給者が増えるのは確実だと思うし・・・・
そうなれば結局、国民全体の負担は増えるわけなので
決して「自分さえよければ」で済まない側面があると思います。

だから、単純な老後の勝ち組、負け組みたいな対比じゃなくって

それぞれの生活に合わせた自分年金を確保する具体的な方法を紹介して
その中からそれぞれが、「今の自分に出来ること」を考えられるような番組など
発信してもらえるといいのにな、と感じました。


ただ・・・・・


たとえばせっかくそういう実用的な内容の番組が放送されたとしても



そういう番組にしっかり目を向ける人って
本当に危機感を持って、老後を真剣に考えている人だけであって



「なんか不安だけど、まあ、なんとかなるんじゃ?」とか
「そのうち考えよう」いう
本当の意味で危機感を持っていない人たちは
(実はこういう人たちこそ、老後破産のリスクが高いと思うのだけど)


そういったお堅い番組は観ないんですよね・・・・・きっと(^o^;)


なんだかまとまりありませんが
ふと思ったことを、つらつらと書いてしまいました。




★ランキングに参加中です♪