Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 子供にかけているお金・・・。

昨日、携帯について書いたところ、
高校生に携帯は贅沢とのコメントをいただいたので・・・

なるほど~~。そういう意見もあるのか・・・・と思い、
正直、わたしはそこまで気にしたことがなかったので、
あれこれ自分なりに考えてみました。

う~ん。でもやっぱり、携帯を持たせないってのは、
現実的にうちでは無理ですねぇ・・・・。
息子の学校は携帯必須なので。
学生と担任との連絡はメールが標準ですからね。
他の学校がどうかはわかりませんが、
息子の学校では携帯がないと大変になっちゃいます。

部活の連絡網もいまどき携帯メールが当たり前ですから
「携帯ありません」だと、他の部員や先輩に迷惑かけること必至。

学校生活を送るのに、携帯を持たないってことは
これだけ考えても無理だなぁ~~と再確認。

だからといって、別に高い携帯である必要はないんですよね(笑)

ここが問題。


わたしは

「ま、いっか( ̄▽ ̄;)」

ってのが本音です(笑)


うちは一人っ子なんで、さぞお金をかけて子供を育ててるだろーと
周囲から見られがちなんですが、
自分ではそーでもないと思ってます。(思い込みかもしれないけど)

一番感じてるのが、息子が塾要らずだったこと。

やっぱりね、親としては心配なわけですよ。
中学にもなると、周りは当たり前のように塾へ行ってましたから。
夏期講習!とか、受験対策!とかって広告見るたびに不安になる母。

何度か息子に打診はしましたよ。
「みんな行ってるでしょ~?行ったほうがいいんじゃないの~?」って。

でも、息子は自分のポリシーが強固でして

「ボクは毎日学校で6時間も勉強してんだよ???
なのに高いお金払って塾へ行くなんて、もったいないだけじゃん?」

「塾へ行ってるヤツが頭いいわけじゃないよ。
塾へ行ってて頭いいヤツは、家でもやってる。
結局、自主学習がどれだけできるかで決まるんだよ?」

悔しいけれど、息子の言葉がいちいちもっともであり、
別に無理に塾代を出したかったというわけでもないので・・・
信じて好きなようにやらせてました。

でも実際に、口だけじゃなく、
スポーツを試験中でも毎日ガンガンやりつつ、3年間学年トップ5以内をキープして
行きたい学校にあっさり入学決めちゃったので・・・・
親バカですが、たいしたヤツだと思ってます。

で、これをお金に換算すると、
塾代を月々3万円と仮定して、3年で100万超えですよ。

これだけのお金を節約してくれたわけだし、
学業も今のところはしっかりやってるみたいだし、
他に贅沢してるわけでもないし、
通学も、電車+バスのところを、わたしがバスの定期代が高いと言ったら、
電車+自転車で通ってくれていることを考えても・・・・

携帯くらい好きにさせてあげましょう~~・・・・という気持ちなわけです。


でもね、今のうちから息子には言ってあるのですよ。

「お母さん、あなたが就職するまでは、がんばって働くからねえ。
就職したら、毎月のお給料からお母さんのパート代分は家に入れて、
家計を支えておくれよ」

と。(↑病弱な母親風に)

ま、さすがにパート代分は冗談ですけど(笑)。
息子も「わかってるよ」と言ってるから、大丈夫でしょう(*^-^*)

これからもお金はいろいろかかるでしょうが、
働いてお金を稼ぐようになってから、返してもらえばいい・・・って
そう思いながら、日々暮らしていたりするわたしです。
★ランキングに参加中です♪