Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 息子が帰ってきています☆

おはようございます♪



ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?

我が家では、息子が2日の夜に帰省してきました。
その初日の夕飯は久しぶりの手料理を振舞ってあげましたが・・・


昨日の夜はというと・・・・
わたしが当初想定していた以上に
息子がアパートで自炊を頑張ろうとしているので

「せっかく帰ってきたのだから、もう少しレパートリー広げましょう」

とばかりに、夕飯の手伝いをさせました(笑)

横からわたしに指示されながら、ほとんどを自分で作った息子。

「なんか実家帰ってきたのに、結局自分でメシ作ってるとか・・・
アパート暮らしと同じじゃねーか。」


・・・とボヤいていましたが、
ま、これも母の愛情ですよ、うん。
(決して母がラクをしようと思ったわけじゃーない)


それにしてもね、一人暮らしはやっぱり子供を成長させますね。

親の負担は大きいけれど、
させるべきだな、させてよかったなと・・・

まだたった1ヶ月ではありますが、強く感じます。

ありきたりではありますが、


親がご飯を作ってくれること
親が洗濯してくれること、
食べたものを洗わなくてもいいこと
ゴミ箱のゴミはいつのまにかなくなっていること(←親がゴミ出ししてくれる)



そういうひとつひとつ、ありがたみを感じるそうです。


これらの生活面の意識の変化はもちろんですが

金銭感覚は、もっと!


もともと、ケチ男ではありましたが・・・・


夕べ、料理を作らせていると
「これがいくら、こっちがいくらだから、この1食で700円もかかってる!贅沢だわ~」


とかなんとか、うるさいうるさい・・・・(笑)


また、大学で毎日買う「ペットボトル」代がバカにならないので

「(アパートに)水筒を持って帰りたい」とのこと。

これについては、もともと実家にいたときには水筒派で、
学校で飲み物を買うことはあまりなかったため
一人暮らしなってみて、よりいっそう「ペットボトル買うのはもったいないな」と
感じるそうです。

なので、毎日の通学には水筒にお茶を持っていくことにするそうです。


でも、息子によると「お弁当を持ってきている友達」もいるとか。

もちろん、”一人暮らし男子”で、自分で作ってきているそう。
おかずは・・・というと、冷凍食品と卵焼き・・・とか
非常に簡単なものらしいですが、

「ボクもやってみようかなー」と息子。

ま、チャレンジしたいのなら、やってみてもいいとは思いますが・・・・

学食でいつも400円以下で昼食が食べられると言っているので
それと比較すると、
案外「自炊弁当」のほうが高くついてしまうかも?


節約できたとしても、


ズボラな息子の最大の問題は・・・・めんどくさがりなこと。


だから





毎晩の「お弁当箱洗い」がめんどくさくなって、
たぶん、続かないと見ています(爆)






さて。

今日は息子はどこか出かけましたし
夫はゴルフ。

GW中の、貴重な「ひとりきりの1日」なので


有意義に過ごしたいと思います☆



★ランキングに参加中です♪