Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 大学生一人暮らし準備に使ったお金(2)

今日もご訪問いただきありがとうございます^^


今日、ちょっとうれしいことがありましたー☆
たいしたことではないのですが、
心躍ってます♪
このことについては、また別途書くとして・・・・


昨日の記事の続きです!

息子の一人暮らし準備にかかったお金のまとめ。
続き記事ですが、昨日にひきつづき
同じ一覧表をもう一度貼っておきますね^^;

junbi20150320.png


昨日の記事では「家具」のところまで書いたので、
その先です。



■インテリア関係

やはり高かったのはタイルカーペットですね~~^^;
タイルカーペットについては、過去記事で紹介していますが
我が家のように新築物件だったり、床のキズを気にせず生活したい場合はかなりお勧めです!
タイルカーペットについての過去記事

それから、予定外に高くついてしまったのがカーテン・・・!
当初、カーテンなんて1万円くらいあれば余裕だろうと思っていたし、
高いカーテンを買うつもりはサラサラありませんでした。

でも、結果的には予定の倍の金額になってしまったという・・・><

それには理由がありまして、
息子の部屋の履き出し窓・・・しっかり測ってみると
量販されているサイズではなかったのです(´Д`。)

一般的なサイズであれば、もっと安いものがいくらでも見つかったと思うのですが
本当にあっちこっちのサイトで探しまくりました。
3日間くらい、ずっとカーテン探してたんですよぅ(泣)

さらに、角部屋なので、もうひとつ半間サイズの腰高があるのもネックでした。
しかも、そちらは半間窓なので、よくある「2枚セット」のうち1セットで十分だったのですが・・・

履きだし窓のサイズがピッタリ合うこと+腰高窓は半間分あればOK
などという、贅沢な条件に合うようなセット売りはありませんでした。





・・・ということで、
履き出し窓4枚セット+腰高窓4枚セット(←1セット無駄になるけど致し方ない)
の購入で、なおかつサイズがピッタリなものが
やっとベルメゾンで見つかったわけですが、
それがこの値段。
この難条件で、これ以上探す気力がなかっため、
高いなーと思いつつ妥協してしまった結果です。

暑さを乗り切る遮光・遮熱・防炎厚地&UVカット・遮熱薄地カーテン・4枚セット



機能性よりサイズさえ合えば・・・という状況だったのですが、結果的には
高機能カーテンになってしまったという感じですね^^;

シンプルでサイズが合ったので
「もう条件に合うのはこれ以外ないだろう!」という感じで決めたんですが^^;
でも、ボイルカーテンは、うっすらとストライプが入っていておしゃれだし、
息子はかなり気に入っていたので、まあヨシとします・・・。

あと、布団は楽天で購入しましたが、
しっかり肉厚の?ボリュームのある羽毛布団で、すごくよかったです!
袋を開けたときは、ちょっと動物臭のようなものが気になりましたが
1日干してみたら、かなり薄まりました^^





・・・とまあ、大きな点はこんなところですね^^;

あ、ちなみに楽天で購入した商品については、
ポイントを値引きに使って購入していたりするので、
販売価格よりも実際に支払った額(表中)のほうが安くなっていたりしますので
御了承を。


以前もボソっとつぶやいたと思いますが

これだけ、次から次へと買わなければいけないものがあると、
だんだんと金銭感覚がおかしくなります、ホント。

消耗品だと思えるものは、安くていいやーーーって割り切れるけれど
電化製品なんかだと、故障リスクの低いものだったり、
安全性の高いものだったりを選びたくなってしまう親心もあり・・・
安ければ安いほうが・・・!とはいかない部分もありました。


ちなみに、必要なものだけど買わなかったものも載せておきます。

junbi201503202.png 

食器類なんかは、息子が一人で使う分くらい、
家から持ち出せば十分だし、
フライ返しやお玉なども・・・。
(以前も書いたとおり、古いものを息子に持たせていずれ新しいものを自分用に買いますw)

鍋については、賃貸時代に使っていたものを
なんとなく捨てずに取ってあったんですよね(笑)←今はIHなので使えないものばかり
フライパンについては・・・実は新品が2つもありました。

理由は・・・わたしが間違えてガス火用を買ってきちゃったことがあるから・・・です(爆)
1回くらいならまだしも、2回も同じ間違いやりますか?普通?(←やった人)
今となっては「捨てずにとっておいてよかった~」ということで結果オーライですけどね^^;


衣類収納は、かなりの遠方だったら現地購入するのでしょうが
我が家の場合は、マイカーで運べる距離なので、

今使っている衣装ケースをそのまま持ち込むことにしました。
家具や電化製品、いろいろ買ったので、
せめて、このくらいは節約しなければ・・・・と(笑)。

炊飯器はお古がもらえたのでありがたく使わせていただきます。
狭いキッチンに余分な家電を置く場所はないので
トースターは、必要ならガステーブルのグリルを使えばいいんじゃないかな?と思い
(どうせ魚焼いたりなんてしないだろうし)
とりあえずは買いませんでした。
安いものだし、息子が必要だと思えば自分で買うでしょう(笑)



・・・・というわけで、以上が息子の新生活準備にかかったお金のまとめです☆


おそらく、もっと節約意識の高い方なら、こんなにはかからなかったかも・・・ですが

子供が遠くの大学へ行くって・・・・
思いのほかやること、考えることが多すぎて、

日々の家事や仕事と両立しながら、そこまで細かく計算したり
比較検討している心の余裕はあまりなかったという感じです。

ネットでいろいろ調べているうちに、
疲れてきてしまう・・・っていう面もありますし。



そして、当然これ以外に

入学金も払いましたし、
4月には半期分の授業料が引き落としになるし、

春の税金ラッシュもやってきます。

ほんと、家を建てたとき以来くらいの勢いで
お金が出て行く感覚がありますよ~~。


通常のやりくり費のほうまで、金銭感覚がおかしくならないよう
家計簿はこまめにつけて、
気を引き締めてこの春を乗り切りたいと思います。



★ランキングに参加中です♪