Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 銀行印を変更することにしました。

おはようございます♪


ダイエット関連の話を頑張って書いてたら
なんだか疲れてしまって(笑)

しばし休憩していました~(^o^;)



さてさて

以前、わたし名義でセゾン投信の積み立てを始めることにしました、と書きました。
で、予定通りであれば、今月から引き落としが始まるはずだったんですが・・・


なんと。


口座の印鑑相違で手続きできてなかったという・・・。


実は、この印鑑で正しかったかなぁ?と
半信半疑で申込書類を送付していたのですが

その後、口座開設完了の通知が届き、
ログインしてみると、ちゃんと半信半疑だった引落口座名が表示されていたので
「あ~よかった」
と安堵していたのです。

おそらく、手順的に、先にセゾン更新で「手続き完了」になってしまい、
金融機関での照会のほうが遅いんでしょうね・・・。


その引落しに使おうと思っていたのはイオン銀行の口座でした。
イオン銀行にすでに入っている貯金から、毎月少しずつセゾン投信へ
積み立ててもらおうと思っていたから。


が、手続きする時点で

イオン銀行に口座を開設したときの記憶が全くなかったのです。
窓口に行って、口座を作った記憶がないので
おそらく郵送でやりとりしたはず。

ひょっとして、印鑑ではなく、サインで口座開設したのかも・・・・と思ったので
HPで確認してみたところ、確かにサイン開設のケースもあるみたい!( ̄▽ ̄;)

とはいえ、記憶がなくて、その確証がもてないので(笑)
サインで再提出して、また「違います」と返却されても困ると思い

とりあえずここは、口座を別のところへ変更して再提出しました。

また時間のあるときに、イオン銀行の窓口で聞いてみることにします。

「わたしの口座って届け出印ですか?サインですか?」って聞くのは
かなり恥ずかしいですが・・・。

ちなみに、この口座を開設したのはイオン銀行が出来た当時のことだったと思うので
全く記録がないのですが・・・・

その後の証券会社やネットバンク等の口座開設は
家族全員の口座開設書類をすべてコピーをとってから提出する習慣にしたので
どの口座にどの印鑑を使っているか?ちゃんと把握してます^^





そして、実はコレだけでなく、もうひとつ届け出印騒動が。


今度は夫のほう。

夫のほうはもっと問題かも。


かなり前になりますが、漢方スタイルクラブカードを作ったときに
口座を登録しようとしたら

「印鑑不鮮明」でこれまた再提出になってしまっていたんですね。

そのくらいのことは、めずらしくないかもしれませんが
夫の銀行印は、

以前から、ときどきこういうことがあり・・・

それって、わたしの押し方の技術というより
そもそも印鑑が「キレイに押せない印鑑」なのです。

つい最近では
息子のアパートの水道料金についての口座振替申込書を出したのですが
そのときにもちょっとキレイに押せなかったため・・・

ひょっとしたらまた戻ってきてしまうかもーーー?と
内心ドキドキしています。
(キレイではないと思いつつ、それを出すしかないので、
「どうか通りますように」と祈る思いで投函したという・・・)



次は息子の大学の授業料の引落手続きなんかもあるし

いい加減、このお粗末な印鑑は変えるべきだな、と
さすがに思いました。

↓ そして、重い腰を上げて、新しい印鑑を注文中。
  (また届いたら実物画像UPします)
  
  




そういえば、以前にも「印鑑買いましたー」という記事を載せていたような・・・(笑)

あのときは、息子の実印でしたが、
今度は夫の銀行印です(^o^;)


「お粗末な印鑑」と言いましたが、そう表現する理由は
恥ずかしながら・・・・


夫のメインバンクの印鑑は、たぶん三文判だから。

それが三文判なのかどうか?確かめたわけではないけれど
見た目にも、印影の感じからいっても、三文判だろうと思われます。

あり得ないですよねーー(汗)

おそらく、安い三文判だったし、その経年劣化によって
印影がにじむところができてきてしまい、
それでキレイな印影が出なくなったんじゃないかなあ・・・。


もともとのスタートは、夫が若いころに手持ちの適当な印鑑で作った口座を
結婚後にメインバンクとして使うようになったことで、
ずるずると今に至っている・・・・という状況なんですね。

学生とかならまだしも、
この年齢になって、メインバンクの印鑑が三文判では・・・・・・
使っていること自体が恥ずかしいし、偽造リスクも高かったりするとも聞きますし
銀行印に使用するのはよくないんですよね?ホントは。


そして、やはりいい大人になって、こんな弱々しい印鑑を使うのは
合わないだろうし、金運から見放されそうだし、とも思っていました(笑)


印鑑を変えなかった理由はいたって簡単で
めんどくさがりの夫に「銀行へ行ってきて」と頼めなかったから。
ただそれだけです。

本人でないわたしが窓口に行けば、それだけ手続きが煩雑になるので
夫本人に仕事を抜けて行ってもらうのが一番。


こういうとき、いつもいつも思うけれど
口座もそうだし、契約なんかもそうだけれど
我が家の場合、名義はできるだけ私の名前にしておくほうが便利なんじゃないか?と
つくづく思います・・・。

銀行については、夫の給与振込み先でもあるので、
そういうわけにはいきませんが・・・・。


「別に変えなくてもいいじゃん」と言いそうな夫にお願いするのは
ちょっと大変ですが、大事なことなので
うまーくお願いしようと思います。



ちゃんと重みのある印鑑に替えて
福を呼びこめますように~☆




★ランキングに参加中です♪