Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 ダイエットの再スタートをコレにした理由。

今日もご訪問ありがとうございます♪


先日チラっと予告しました、わたしのダイエットのこと!

息子の卒業式までに3キロ落としたいぞ、というアレです。


思うところあって、今までと違うダイエットに取り組み始めていて
もし、結果が出るようだったら
記事にします~・・・と、書いていましたが


どうやら


お蔵入りせず、ちゃんと記事になりそうなので(笑)
途中経過を報告します。


新たなダイエットに取り組み始めて
かれこれ2週間ちょっと・・・・ですが、


今朝の時点で



1.3キロ減です。




若い人にとっては、な~んだ、1キロちょっとか・・・って数字かもしれませんが
アラフォー以上の、「なかなか簡単には減らなくなったお年頃」の方には

「瞬間1キロ減」ではなくて、毎日安定して1キロ減が定着することの重要性は
わかっていただけるんじゃないかと思います(笑)


じゃあ、どんなダイエットをしてるのか?ということなのですが


実はですね、





なんと(←もったいぶるな)







ごはんを食べて痩せるダイエット



をやってるのです。



今は、ダイエットといえば、誰もが真っ先に炭水化物を抜くことを思いつくくらい
真っ先に排除されるべき存在になってしまったお米。

「炭水化物は太る」ということが、
やせたいと思う人にも、そうでない人の頭の中にも、
”当たり前のこと”として刷り込まれ、認識されているといっても過言ではないような・・・。

まさに、「炭水化物は要らないもの」であるかのような扱いになってる気さえします。


今回、あえてその流れに逆らってみようと思いました(笑)



もちろん、自分もかつて徹底した糖質制限でかなり痩せた経験があるので
糖質制限はすごくやせる効果があるのは間違いないと思っています♪

あのときはあのときで、体調もとてもよかったし、つらいと思うことも少なかったし・・・
だから、糖質制限ダイエットを否定する気持ちは全然ないのです。

ただ、どうしても以前のようにストイックになれないんですよね、今は。

以前、糖質制限を7~8ヶ月続けて辞めてしまった理由も

*家族の中で自分の分だけ糖質制限食にするのがめんどくさくなってきた
*糖質制限による便秘対策が大変だった
*レパートリーが決まってきて、飽きてきた(笑)


・・・・というところが主な理由。

やせて、体重に変動がなくなると、
なかなか糖質制限を続けるモチベーションを保つのが難しく・・・
そして、上記のような理由もあって、
「朝と昼だけは普通食」という感じにゆるく戻したら、
じわりじわりとリバウンドしてしまったし。

つまり、
糖質制限が体にいいのかどうか?という議論は賛否あるので
何とも言えないけれど、

少なくとも、糖質制限でやせた体は、
糖質制限を続けることによってしかキープできないってことは確か。

だからいい感じで、当たり前の食生活として、
続けていける方には向いている食事だと思います。

とはいうものの、
一度しみついた「炭水化物はダイエットの敵」という暗示からは
そう簡単には抜けられないわたし。

お米は朝だけ、お昼はおかずだけのお弁当、夜は主食抜き・・・など
適当な感覚で続けるのだけど、
「これだけ炭水化物抜いているんだからちょっとくらい大丈夫」という、
妙な心の余裕でおやつを食べてしまったり・・・・

いや、甘いものに対する欲求が止まらなくなるというか
(1日1スイーツ・・・みたいな)

すごーく、中途半端なことになってました。

それに気がついた理由は、
年明けから食事日記を1週間くらいつけてみたから。




たしかに主食は抜いているのだけど、

間食や、おやつのつまみ食いが多い多い・・・・(恥)
チョコレートを1粒・・・・・・・・を1日5回くらい、とか
「朝だったら大丈夫」と、シュークリームを食べてる・・・とかね。
(シュークリーム大好物なのですよ・汗)



しかも、昼までは規則正しい食生活ができるのだけど、
夕方、仕事から帰宅して、夕飯までの空白の時間が

まさに魔の時間で・・・・



ちょっと一口、ちょっと一口の連続で
夜、食事日記のカロリーを計算してみると・・・・
間食だけで400キロカロリーくらい摂取してしまってる毎日でした。


こんなに食べててやせるわけないわ~~!
太る原因は、単純にカロリーオーバーだろう~と
突き付けられたようなもの・・・・。


もうこういう年齢だし、
付け焼刃のダイエットじゃなくて、
病気にならないための食生活というものを根本的に見直さないとダメだわ、
と痛感しました。
(それが結果的に適正な体重につながる近道だと信じたいというか)


けれど、徹底した糖質制限は、おそらく気持ち的に長く続けられそうにない・・・・
それじゃあどうしようかな?と思ったときに、あることを思い出したのです。


意外と長くなりそうなので、一旦切りますね。


★ランキングに参加中です♪