Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 年間支出☆スタートは貯金一括投入から。

今日もご訪問ありがとうございます^^


年末に申込をしておいた、息子の国民年金保険料のカード払い手続きが
無事に完了したようで、ハガキが届きました。

nenkin150202.jpg 



実は、郵送で手続きしてからずいぶんと日数がかかっていたので

「ちゃんと届いてるのか?」「不備があったんじゃ?」と
少々気をもんでいたので(手続きの締め切りは2月末ですから!)

ハガキが届いてホっとしています。


納付が4月末なので、クレジットカードへの請求がおそらく5月かな?


毎年、4~5月というと大きな支出のラッシュですが
今年からこの国民年金保険料も加わるわけです。


こういう、年間の大きな支出(車維持費や税金などなど)の管理に
頭を悩ませている方は、やりくり初心者さんに多いかもしれないのですが


しっかり家計管理をしたい!と思ったら
一番重要なところは、税金や年払いの支出などの「年間支出(と、わたしは呼んでます)」を
把握してしっかりコントロールすることですね^^

これができていないと、いくら月々のやりくりで帳尻が合っても
大きな支出があるときに、貯金からそのつど引き出して

「で、この1年で結局いくら貯まったんだろう?」と
よくわからないことになってしまうから(笑)


そのスタート地点は

「我が家の場合、こういう大きなお金は1年でいくら必要になるのか?」

という金額を書きだして合計してみることですね。

その正確な金額に+αで10~20万くらい余裕を持たせておけば
予定外の支出にもある程度対応できるので尚よし。


そうすると、たとえば年100万円貯金しているつもりが
実は、年間支出や特別費で50万くらい払ってるから
実質増えてたのは50万円だけだったのかーーー・・・・など、

家計の真の姿が見えてきますから^^;


ただ、よくあるのが

「こういう支出用に積立したほうがいい、っていうのはわかるけど
今からじゃもう今年の支払いに間に合わないし~」


というケース。

これも、わたしもいっちばーん最初はそうだったのでよくわかります。



もうね、これは割り切って最初の年の分は
貯金を切り崩して最初の1年分を用意してしまうのが一番です。
一時的に貯金が大幅に減るのでちょっと心臓に悪いですけどね。

さらに、「支出用の貯金」という口座を作るほうがいい。
要するに、ほかの貯金と完全に混ざらない状況にするということ。

もちろん、その口座は使うことが決まっているお金なので
総貯蓄額には含めないです。


で、そこから税金など、今年使う分を必要になるごとに引き出していきながら

同時進行で、来年必要になる分を月割にして
毎月コツコツ、同じ口座へ入れていけばOK。


今までそういう積立をしてこなかった人にとっては
最初にドカンと入れるお金が、すごく痛手のように感じるかもしれませんが・・・
でも、そうしたほうがその後の管理がスムーズに行きますよ、絶対(^^)。


我が家も最初の年に数十万入れて、同じようにスタートし
2年目から、前年に貯めて用意しておいたお金を使えるようになったので
ラクに管理できるようになりました。


ちなみに現在は・・・・


tokubetu0204.png 


これだけ入ってます。

実は年末の時点では20万円切っていたのですが^^;

息子のアパート契約費や新生活用品の購入などで
まとまったお金が必要になることはわかっていたので

冬のボーナスの大半を思い切って投入してしまいました(笑)


新生活準備のお金は、今年限りのものだし、
イレギュラーなので、さすがに年間支出用の積立だけでは足りませんから
仕方ないですね。

もちろん、毎月の積立も継続中なので、
ここから使いながら、淡々と積立もされています。




毎月きちんと家計簿をつけていても
数か月に一度の年払いの支出があると
そこでもう、ごちゃごちゃになって気持ちが萎えてしまう・・・ということは
家計管理の初心者さんにはよくあることなので

今年からがんばるぞー!と
気合を入れ始めた方は、

まずは思い切って今年1年分を貯金から投入した上で
来年の年間支出のために、今からでも積立を始めてみてください☆


★ランキングに参加中です♪