Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 この1年の医療費を集計してみました。

おはようございます♪



もう12月も半ばとなり、
突発的なことさえなければ、おそらく今年の病院通いはもうナイと思われるので
少し早いですが、この1年間の医療費を集計してみました。

今年の3月初旬に「手術の可能性」が見つかった時点で
「これは10万円超えそうだな」という予感があったので^^;
初めての医療費控除申請にむけて、
しっかり領収証管理しておかなくちゃ~と思っていた1年。


いずれまた時間を見て、
確定申告用に明細書を作らなければいけませんが
とりあえず、金額だけでも把握したかったので。

kryouhi20142.png 


こんな感じ~。

あくまで自分の備忘録用であり、これを確定申告に使うわけではありませんが(当たり前w)


「通院」は、もちろん大半はわたしの整形外科。ほかに内科、胃腸科、歯科、耳鼻科(これは息子)
・・・と、普段の年はあまりお医者さんへ行くことはないのに、
今年は芋づる式にいろいろありました。

「装具」とあるのは、病院で型どりしてオーダーメイドした医療用コルセットのことです。
これは、病院で直接業者さんに対して支払いしてから、
後日自分で健康保険のほうへ申請すると7割が戻ってくる・・・というもの。
いちいち申請しなきゃいけないのがめんどくさかったです(笑)

しかも、3月に軟性コルセット、8月は術後用の硬質コルセット・・・と、
2つも作りましたからねぇ。

ちなみに・・・・硬質コルセットは術後4ヶ月経った今も、24時間お友達です。
今月の検診のときも、「外してOK」の許可が出なかったという・・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン


そして「入院」
6月は2泊3日の検査入院でしたが、このときは医療保険の給付金をもらってもマイナスでした^^;

8月の手術入院のほうは、窓口で19万円ほど払いましたが、
医療保険の給付金がそれを上回ったので、自己負担は0円。

知らない人のほうが少ないのかもしれませんが、

入院費に対して、任意で加入している医療保険からの給付金があったときには、
「その入院費からのみ、控除すればいい」んですよね。
給付金のほうが上回って余っているとしても、
同じ月の別の通院などから差し引く必要がありません。

あくまで、医療保険の入院はその入院治療に対して支払われるものだから、という解釈だそうです。

知ってました?
わたしは、恥ずかしながら、FPの勉強をするまでこれ、知らなかったんですよ(笑)
医療費控除の申請というものに縁がなかったので・・・・
知る機会がなかったのです。

わたしも知らなかった~!という方はぜひ覚えておいてくださいね☆
いつか入院するかもしれないときのために・・・(^^)





・・・・・というわけで、


1年間のトータル医療費は約16万円。


入院費の部分をまるまる差しひいてもこの金額・・・・なので
今年の医療費がいかにかかったか・・・・が、よくわかります。

ホント、通院ナシの月がなかったという驚きの1年間でした。


そうそう、きちんと漏れなく申告される方の場合は、
ここに市販薬などもしっかり加えるのでしょうが・・・
そこまで市販薬を買わないし、めんどくさいのであえてスルーしちゃいました(笑)


何しろ、病院と処方箋薬局でもらう領収証だけですごい束でしたから。


これから時間のあるときに、明細書を作ろうと思います。
以前も書いたとおり、夫は毎年確定申告が必要な人で
我が家の確定申告は税理士さん任せ。
(※別にワタシが頼んでいるわけではありません。結婚前からそうなのです)

そのため、この医療費控除の申請もまとめて税理士さんにお願いすることになるので・・・
税理士さんに余分な手間をかけなくて済むよう、
ちゃんと準備しておかなくちゃ。


そして、



来年は医療費控除なんてしなくていいように
家族全員が健康で過ごせますように!



★ランキングに参加中です♪