Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 アパート選び。調べて、聞いて、見た結果・・・(2)

今日は実はお仕事お休みしてます(^^)


術後の定期健診の日なので・・・。
朝一番の予約を取ったので、サクサク済んで10時には帰宅。
おかげでのんびり記事の続きをUPできます★


さてさて・・・

物件自体はとてもよかったのに、
いろいろと細かい契約条件がちょっと予想外で、
敷金3ヶ月分、うち2ヶ月分は償却されてしまうことが
最初から決まっているというところが納得できず、

申し込みすることをやめた・・・・という、
第一希望の物件の話を前記事で書きました。

あ、前記事でもチラっと書きましたが
「敷金3か月分のうち、2か月分は償却」という条件が不当じゃないの?
と言いたいのではなく
その条件では、わたしはイヤだということです(笑)

ここで思ったのは、
やっぱり、ネットで調べることができる情報は「イイトコどり」なんだなーということ。


実際に不動産屋さんへ出向いて、細かい説明を聞くと


いいじゃん!と好印象だったものが、ガッカリ・・・な印象に変わったり
またその逆で、候補から外していたものが、
意外といい!という評価に変わることがあるものなんですね。



そう。



息子が住むアパートとして決めたのは

実は、以前の記事で候補から外していたはずの新築アパートのほうなんです(笑)


騒音と耐震性に不安があって、候補から外していたものの、
改めて詳しい話を聞くと、立地がすごくいい。

現地へ行ってみると、Googlemapを見ていただけでは掴みきれなかった
周辺の「環境」というものを肌で感じることが出来て、これもよかったです。

簡単に言うと、適度にお店があって便利なのに
アパート周辺は静かな住宅地で、かといって住宅がぎゅうぎゅうに立っていないので
圧迫感もなく、いいところだなぁ~!ってすぐに思ったんです。
(前者のマンションは、マンションの外観や内装はキレイですが
住宅密集地の中に立っているので、南向きとはいえ窮屈な印象で
細い路地を通らないと大通りに出られなかったり、車の出入りは神経を使う感じでした)

こういうことは、実際に目で見ないとわからない違いですね~^^

厳しい条件もないし、家賃もそんなに高くない。
徒歩100mのところにコンビニもある。
しかも、もうあきらめていたはずの理想の都市ガス物件!!



そして、まだ建築中だったのですが、すでに内装はほとんど出来上がっていたので
中を見学させてもらうことができました。
入れないと思っていたのでこれはラッキー☆


内装や設備は、新築なので言うまでもなく200点満点。


気がかりだった騒音については、
まだ建築中で、2階の部屋にも入れる・・・ということから

不動産屋さんと夫が実際にとなりの部屋と、上の階の部屋に入り、
わざとドンドン音を立てて歩いてもらい、
どのくらい音が響くか・・・・?を検証することができたのです♪
すると、実物は気になるほどの音の響きがないことも判明。

(すでに入居者のいるアパートではこういうことはできませんから、これはとてもよかった!)

音については、息子もかなり気にしていたのでこれで不安が一蹴された様子。
ハッキリ言って、この建築中の建物・・・実際に見ることができたので
決めることが出来た!といってもいいかも・・・。(図面と外観だけだと心配ですから)

また、耐震性への不安については、
「東日本大震災で、この建築会社のアパートは1棟も倒壊していません」
との言葉を聞いて、こちらも安心納得。
(それを信じる以外に、検証する手段もありませんね)


・・・・ということで、部屋そのものについては言うことなし。

あとはお金の問題・・・・だったわけですが、



家賃は、当初第一希望にしていた前記事の物件よりも3,000円高いものでした。

ただ、都市ガス物件なので、
ガス代の差で少なくとも2,000円くらい相殺できるでしょうから
家賃の差は気に留めるほどではなさそう。


大きいのは敷金の差ですね、やっぱり(←どうしてもこだわってしまうw)

こちらは敷金は0円で、退去時のクリーニング代だけを入居時い先払いするというシステム。
この手の契約パターンは、ネットで物件探ししていても一番多かったです。
最近の流行?

原状回復費用は家主持ちで、
借主の責任と思われる、明らかな破汚損が発生していたら
退去時に追加の費用を請求されるということでした。

もちろん、退去時に追加費用を請求される可能性はあると思っていますが

この敷金・・・
前払いか後払いか?の違いのようでいて、

その敷金を家主さんが握っているのと、借主が握っているのでは
退去時の交渉において、かなり違ってくるのでは・・・・?って思ってます。

先に払ってしまった敷金は、どんなに納得いかないから返してくれといっても
家主さんが握っている以上、訴訟にでもしなければ返してもらえないわけだから。
(訴訟にすれば、大抵は入居者寄りの判決になるようですが、
そこまでやるエネルギーがあるかどうか?の問題が・・・)

でも後払いの場合は、”納得いかないので払いません”、という強気の交渉ができるかな・・・と。
(※もちろん、交渉するのは夫ですw わたしは小心者なので交渉ごとは一切ダメなタイプ;)


あ、わたしが勝手にそうじゃないのかなー?と思っているだけです。
実は差はないかもしれませんので、
「そういう考え方もあるのね」程度に読み流してくださいね^^;)


最終的に、退去のときに家賃1ヶ月分相当くらいの修繕費を取られると想定しても

ガス代の差と敷金の扱いの差まで計算にいれると
卒業までの4年間にかかる費用は、
家賃の高い、この新築物件のほうがトータルでは安く済む
試算にもなったため

だったらもう、あとは息子の希望を最優先に・・・としたら、
こうなったわけです(笑)


(↑そりゃもう、新築に心奪われるに決まってます・笑)




表面的な家賃だけを比べていると見えてこないことって
結構ありますねー。

そうそう、こちらの物件は
ほかにも、契約者は息子でOK、家賃は口座振替OK、
違約金の縛りはナシ・・・・と、いろんな意味で前記事の物件のように堅苦しくなくてホッ・・・・。


申し込みを済ませてバッチリ確保してもらえました(^^)

正式契約は審査が通ってからになるのでもう少し先になりますが
とりあえず、アパートが決まってホっとしてます★


息子の学校の友達で同じように大学編入が決まっている友達らも
アパートが決まったという子が増えてきたみたいです。
やはり一般の受験組のアパート探しで混雑してくる前に
先にいいところを決めてしまいたい!ということで
11月末あたりから、みんな積極的に動いているようです。


親も大変だーーー。


審査を経て、これからまだ契約手続きが残ってますから
まだまだやらなければいけないことはたくさん。


がんばりまっすо(ж>▽<)y ☆



★ランキングに参加中です♪